ブックライティングソフトウェアとしてGoogleドキュメントを使用する方法

あなたは本を書いていますが、あなたはまだ金持ちの作家ではありません。それにもかかわらず、あなたはまだ無料の書き込みソフトウェアが必要です。自動保存プログラム。どこからでもドラフトにアクセスし、変更を追跡し、誰がドラフトを編集できるかを制御できるソフトウェア。 Googleドキュメントには、プラットフォームを斬新なライティングソフトウェアとして使用できるツールが多数用意されています。

この記事では、Googleドキュメントのすべてのツールについて説明するわけではありません。それらのツールのほとんどは、おそらくすでにおなじみです。代わりに、見落としているかもしれないが、本の執筆とフォーマットに不可欠な編集ツールとフォーマットツールを見ていきます。

Googleドキュメントを本の執筆ソフトウェアとして使用できますか?

Google Docsは、みんなのお気に入りのハイテクジャガーノートによって作られた無料のライティングソフトウェアです。 Googleアカウントをお持ちの場合は、使用したことがなくても、おそらくGoogleドキュメントにアクセスできます。忘れてしまった場合は、Gmailやその他のChrome機能のほとんどを使用するためのアカウントが必要です。

関連: GoogleはGoogleアカウントを持つすべての人にワークスペースを開きます

仕事や学校で使用したことがあるためにGoogleドキュメントに精通している場合は、それはすばらしいことです。ただし、新しいアカウントを作成することを意味する場合でも、実際には自分の個人的なGoogleアカウントで小説を作成する必要があります。

これは面倒に聞こえるかもしれませんが、ドキュメントにアクセスできなくなったり、同僚や同僚が自分の現在の状況を確認したりすることを心配する必要はありません。これらは両方とも、モデレートされたアカウントを使用するワイルドカードにすることができます。

本を書くときに使用する必要があるGoogleドキュメントの機能

Googleドキュメントを本を書くための最良のプログラムの候補にする機能のいくつかは、メニューとツールバーにかなり深くネストされています。他のものは表面上にあります。しかし、目に見えないところに隠れているツールでさえ、より長い形式のコンテンツを書くことになると、しばしば秘密の力を持っています。見てみましょう!

見出しを効果的に使用する方法

テキストスタイルを変更することで、Googleドキュメントに見出しを挿入できます。 [通常のテキスト]と表示されている上部のツールバーのフィールドをクリックして、ドロップダウンメニューを開きます。教科書を書いているのでない限り、おそらく見出し3よりも小さいものを使用する必要はありません。このツールを使用して、タイトルサブタイトルを挿入することもできます。

もちろん、エンドリーダーのナビゲーションの観点から見出しについて考える必要があります。ただし、見出しを使用すると、原稿が作成されるときに原稿を常に把握するのに役立ちます。

見出しを使用すると、Googleドキュメントで原稿のアウトラインをまとめて自動的に作成できます。アウトラインを表示するには、ページビューの左側でツールバーの下にある小さな灰色のノートブックアイコンをクリックします。

このアウトラインは、ドキュメントで使用されているテキストスタイルに基づいて階層化されています。その程度の整理が必要ない場合、またはテキストスタイルに煩わされたくない場合は、見出しをまったく使用していなくても、テキストを太字にすることでアウトラインに追加されます。アウトラインを折りたたむには、アウトラインフィールドの左上隅にある左向きの矢印をクリックします。

目次を挿入する方法

見出しを使用すると、Googleドキュメントで目次を生成することもできます。パネル上部のツールバーから[挿入]を選択します。ドロップダウンメニューの最後の項目は目次です。

目次には、ページ番号(読者の便宜のため)またはさまざまなセクションへのリンク(著者の便宜のため)のいずれかを含めることができます。ページ番号を選択した場合でも、表を使用してドキュメント内の宛先をクリックできます。

Googleドキュメントはカーソルのある場所に目次を配置するため、ページ上の他の要素をドラッグアンドドロップするほど簡単にドラッグアンドドロップすることはできないことに注意してください。さらに、目次ツールには太字のテキストは含まれず、見出しスタイルを使用してフォーマットされたテキストのみが含まれます。

関連: Googleドキュメントでクリック可能な目次を作成する方法

目次を左クリックすると、左上隅に更新矢印が表示されます。このツールをクリックして、行った編集を反映するように目次を更新します。目次内を左クリックすると、手動で変更を加えることもできます。

たとえば、フォーマットされたタイトルページがある場合、Googleドキュメントはそれを目次に自動的に含めますが、手動で削除することもできます。

ヘッダー、フッター、および番号付きページの作成方法

Googleドキュメントが提供する組織機能は、テキストスタイルと目次だけではありません。ヘッダー、フッター、ページ番号を含めることもできます。上から同じ挿入メニューで。

ページ番号にカーソルを合わせると、基本オプションまたはその他のオプションのグラフィックメニューが表示されます。ページ番号を見たくない場合は、それで構いません。番号付きの目次のページ番号を表示する必要はありません。

ヘッダーまたはフッターに必要なのがページ番号だけの場合は、追加のメニューを開く必要はありません。ただし、ヘッダーとフッターに他のコンテンツを含めたり、表示の他の要素を調整したりする場合は、さらにいくつかの手順が必要です。

関連:美しいGoogleドキュメントを作成するためのきちんとした方法

ヘッダーまたはフッターにテキストを含めるには、上部の余白の上をダブル左クリックしてヘッダーを追加するか、下の余白の下をダブルクリックしてフッターを追加します。これによりテキストフィールドが開きますが、ツールバーやドロップダウンメニューを処理せずに簡単な書式設定オプションを開くこともできます。

ただし、[挿入]ドロップダウンメニューまたは[フォーマット]ドロップダウンメニューからヘッダーとフッターのコントロールにアクセスすることもできます。

脚注を挿入する方法

どんな種類の本を書いていても、脚注は補足情報を整理するのに便利な方法です。脚注を挿入するには、[挿入]ドロップダウンメニューを使用する方法と、 Ctrl + Alt + Fキーを押す方法の2つがあります。これらの方法のいずれかで、ページの下部、フッターの余白のすぐ上にメモを配置します。

変更の共有と追跡

ドキュメントに別の目を向ける必要がある場合、Googleはそのために必要なすべてのツールも提供します。ペインの右上隅にある青い[共有]ボタンを選択します。ここから、下書きをGoogleアカウントにリンクされている他のメールや組織と直接共有できます。

ドキュメントを誰とでも共有するためのリンクを取得することもできます。リンク権限の下で、[変更]を選択してこれらの設定を調整します。

これらの設定により、別のユーザーがドキュメントを編集したり、変更を加えたり、コメントを付けたりできるようになります。あなたや他の編集者は、[共有]ボタンのすぐ下にあるアイコンを選択することで、編集を行ったり、編集を提案したりすることもできます。

このアイコンは、編集モードでは鉛筆として、提案モードでは吹き出しの鉛筆として、表示モードでは目として表示されます。

[ファイル]ドロップダウンメニューから[バージョン履歴]を選択して、ドキュメントの以前の編集バージョンを表示することもできます。

関連: Googleドキュメントでバージョン履歴を使用する方法

その他の機能を探索するために遊んでください

Googleドキュメントには非常に多くのツールがあります。非常に多く、それはあなたの主要な小説執筆ソフトウェアとして絶対に役立つことができます。この記事のツールは、より重要なツールのいくつかですが、内部には確かにもっと多くのツールがあります。

Googleドキュメントで本を作成することを真剣に考えている場合は、何が利用できるかを確認するためだけに、ボタンを押してメニューを開くのに1日を費やすことを恐れないでください。