フレーマーは、スティッキースクロール、キーボードコントロール、およびシーケンスアニメーションを追加します

Framerの開発チームは、2021年の第1四半期のほとんどの間、明らかに懸命に取り組んできました。UX/ UI設計ツールでは、プロジェクトに最適なプロトタイプを作成するのに役立つ多くの重要な機能の更新が行われています。

フレーマーは2021年3月に3回更新します

フレーマーはどんどん良くなっています。3月の今月のツールの新機能は、 StickyAppearKeyDelayの各プロパティです。

スティッキースクロール要素

Framerのスクロールツールとスタックを使用して、スティッキーナビゲーション、衝突ヘッダー、固定ページ付け矢印などの簡単なスティッキー要素を作成できるようになりました。スティッキーにする要素を選択し、プロパティパネルからスティッキーを選択するだけです。 (要素の親に対して)選択できる位置は、上、下、左、右の4つです。

キーボードコントロール

フレーマーの新しいキートリガーを使用すると、キーボードを使用してツールを操作できます。画面間の遷移を設定するときは、タップトリガーをキーに変更します。その後、登録したいキーを押してください。

「トランジションにネイティブキーボードのサポートを追加することで、プロトタイプをより高いレベルの忠実度にすることができます」とフレーマー氏は言います。

シーケンスされたアニメーションと時間ベースの遷移

新しいアップデートにより、プログレスバーやロード画面などの機能をすばやく簡単に追加できます。あなたが画面間の遷移を設定している場合は、表示されるようにタップトリガーを変更します。次に、遷移を何秒遅らせるかを設定できます。

フレーマーはそのツールキットをアップグレードします

Framerは、 2020 UX Tools Surveyによると、ユーザーから非常に高い評価を受けていますが、 FigmaSketchなどのデザインアプリほど大きなファンベースはありません。ただし、今年も機能を追加し続けると、デザインツールの世界で別のトップ候補が見つかる可能性があります。