フィリップスピコピックスマックスワンポータブルプロジェクター:小さな箱、全体像

Philips PicoPix Max Oneは、使いやすく、鮮明で明るいネイティブ1080p画像を提供するスモールフォームファクタのバッテリー駆動プロジェクターです。他のいくつかの小型プロジェクターの機能を欠いていますが、実用的な使いやすいメニューシステムでそれを補い、外出先で映画を見たり、プレゼンテーションを行ったりするのに最適です。

仕様

  • ブランド:フィリップス
  • ネイティブ解像度: 1080p
  • ANSIルーメン: 800
  • 投影技術: DLP
  • 接続性: HDMI、USB Type-C
  • スローレシオ: 1,2:1
  • オーディオ: 2 x 4ワットの内蔵スピーカー、3.5mmジャック
  • OS: NA
  • ランプ寿命:最大30,000時間
長所

  • 一緒に簡単に旅行できるほど小さい
  • ナンセンスで使いやすいメニュー
  • 映画やプレゼンテーションに十分なバッテリー寿命
  • 一緒に簡単に旅行できるほど小さい
短所

  • Android OSの欠如は、一部の人にとってはオフになる可能性があります
  • USBType-Cはすぐにはサポートされません
この製品を購入する

フィリップスピコピックスマックスワンアマゾン

ショップ

壁ほどの大きさの大きな明るいビデオが欲しいですか?プロジェクターが必要です。残念ながら、選択肢は限られています。財布、天井、電気代にへこみをつける商用グレードの映写機を使用すると、非常に鮮明で明るい画像を得ることができます。あるいは、ミニチュアの「ピコ」サイズのプロジェクターを入手することもできます。これには、安価で小型であるというすべての利点がありますが、トレードオフとして、より小さく、低品質の画像が得られます。

Philips PicoPix Max Oneは、リュックサックに収まるほど小さいながら、大きくて鮮明な1080p画像を提供することを約束します。それだけでなく、バ​​ッテリー駆動でUSBType-Cをサポートしています。これは完璧な妥協案でしょうか?

ほぼ。問題がないわけではありませんが、ここには好きなことがたくさんあります。

サイズはピコ、画像は最大

Picopix max oneは、最大120インチのサイズでネイティブ1080pビデオを投影できる小型フォームファクタのフルHDプロジェクターです。オンボード3000 mAhバッテリーは、最大3時間の視聴時間を約束し、オンボードUSB-AポートはChromecastやFireTVスティックなどのキャスティングデバイスに電力を供給するために使用され、テレビを見たりプレゼンテーションを行ったりするためのポータブルメディアデバイスとして非常に便利です。

メインのビデオ入力はHDMIですが、両方の機能がデバイスで機能する場合は、ビデオ入力または電源出力として使用できるUSBType-Cポートもあります。

電源はDCバレルジャックと付属の65w電源プラグを介して供給されます。オンボードのデュアル4ワットスピーカーを使用したくない場合は、オプションの3.5mmオーディオ出力があります。ラップトップスピーカーとしてですが、公平を期すために、特にこの価格帯でこれほど優れたオーディオを提供するプロジェクターはありません。

プロジェクターには赤外線リモコンが付属しており、プロジェクター本体に静電容量式タッチボタンがあり、それなしでメニューをホッピングできます。

取り付けに関しては、すべての三脚と互換性のある底部にシングルスレッドソケットがあり、プロジェクター用のほとんどの取り付けボードがありますが、サイズが小さく軽量であるため、他のほとんどの取り付けボードよりもはるかに簡単に取り付けられます。

兄貴のPicoPixMaxとは異なり(サイズが異なるわけではありません)、このプロジェクターにはオンボードのワイヤレス接続や、メディアの再生と保存が可能なオペレーティングシステムがありません。ノートパソコン、スマートフォン、またはキャストデバイスに接続する必要があります。とは言うものの、PixoPix MaxOneの価格はPicoPixMaxのほぼ半分であり、予算に見合った代替品となっています。

10,000:1のコントラスト比と1.2:1(D:W)のスロー比により、リビングルームの壁に大きく投影する場合でも、より小さな画像をより近くに投影する場合でも、さまざまな設定で機能します。多くの設定をいじる必要なしに、鮮明な画像を提供する画面。

投影する適切な無反射の平らな面がある暗い部屋にいる場合、ビデオは最大120インチまで拡大でき、鮮明なままです。

すぐに使えるエクスペリエンス

Max Oneの初回セットアップは非常に簡単で、プラグを差し込んで電源を入れるだけです。平面に投影する場合、自動キーストーン補正はかなり適切ですが、それを超えると、手動でキーストーンを設定する必要があります。

これは、レンズの焦点を合わせる場所でもあるリモコンで非常に簡単になります。奇妙なことに、これのためにプロジェクター自体にメニュー設定が見つからなかったので、あなたは本当にそのリモートを失いたくありません!

Androidオペレーティングシステムがないことの利点の1つは、プラグを差し込んで使用するのと同じくらい簡単なことです。メニューのホッピング、Wi-Fiへの接続、ユーザーアカウントの設定は不要です。

一般的に使用されているPicoPixMax One

テストでは、主にChromecastを使用しましたが、問題はありませんでした。バッテリーに関しては、中程度の明るさの設定で(Chromecastにも電力を供給しながら)映画全体を見ることができました。

始める前に私はそれを完全に充電していたので、私たちは箱から出してすぐにその上で映画を多かれ少なかれ見ることができました。バッテリーはずっと持ちこたえました、そして私がそれをオフにする時までにバッテリーはまだいくらかの充電を示していました-あなたはそれを長持ちさせるために長いビジネス会議をしなければならないでしょう。

実際、HDMIの使用はすべて問題ありませんでした。残念ながら、USBType-Cについても同じことは言えません。

USBType-Cの問題

先に進む前に、USB Type-Cビデオとは何かについて少し説明することが重要です。ここでの多くの問題は、プロジェクターの障害ではなく、USBType-Cの採用と規制に関する問題である可能性があります。

Video over USB Type-C(コンバーターのない通常のUSB Type-Cケーブルを使用)は、DisplayPortAltモードを使用します。すべてのデバイスがそれをサポートしているわけではなく、どのデバイスがサポートしているかについての確かな情報を見つけるのは難しい場合があります。私のGooglePixel 4aスマートフォンの場合、カーネルレベルのソフトウェアでAltモードがオフになっています。なぜそうなるのかはわかりませんが、幸いなことに、Googleも便利に販売しているChromecastを所有しています。

私の経験では、複数のデバイスを試した後でも、直接USBType-Cビデオ入力が機能することはありませんでした。あなたの経験は異なるかもしれません、そしてこれがまだ広範囲の消費者デバイスで見られる問題であるとき、これをプロジェクターに対してマークすることは私にとって不公平でしょう。これは時間とともに変わる可能性がありますが、ファームウェアの更新がないと、MaxOneで常にこれらの問題が発生する可能性があります。

さらに重要なことに、USB Type-Cアダプタードングルを使用している場合、この問題は発生しません。これらのドングルにはHDMI変換が組み込まれており、広くサポートされています。すでにこのようなドングルを使用してラップトップを外部モニターに接続している場合は、問題は発生しません。

充電?ええと…それほど多くはありません

このプロジェクターの興味深い品質の1つは、USBデバイスを充電できることであり、プロジェクターの内蔵3000mAhバッテリーをパワーバンクとして使用できる可能性は大きなボーナス機能のように思われました。

残念ながら、USB Type-Cの充電は、私が何を試しても機能しませんでした。メニューでUSBType-C充電をオンにしても、故障したデバイスは充電されません。デバイスの電源を入れたときも機能しませんでした。少しのUSBスヌーピングは、プロジェクターが電力供給ネゴシエーションを制御していることを示しましたが、奇妙なことに、実際に充電するのではなくデバイスから充電しようとしており、スマートフォンの設定を変更しても問題は解決しませんでした。

対照的に、USB Type-A充電は問題なく機能しますが、プロジェクターがオンの場合に限ります。残念ながら、プロジェクターがファンにあり、投影LEDもオンになっているときはいつでも。これは、プロジェクターをアクティブに使用している間のみ充電が可能であることを意味します。

これはまだ問題なく、便利な機能ですが、外出先での使用に便利な通常のパワーバンクのようにこれを使用できないことを意味します。

オンボードのメディアプレーヤーがないということは、サムドライブを使用してビデオを再生できないことを意味することにも注意してください。 USB Type-Aポートは電力のみを供給し、プロジェクター自体にはビデオファイルのオンボードデコードはありません。

便利な追加だったので残念ですが、オペレーティングシステムの複雑さが増します。前述のように、より高価なPicoPix Maxにはこれらの機能が組み込まれており、Max Oneとキャスティングデバイスの価格がまだ数百ドル安いことを考えると、それは公正なトレードオフです。

Philips PicoPix Max Oneを購入する必要がありますか?

だから、大きな問題に。私が抱えていた問題を考えると、このプロジェクターは購入する価値がありますか?これらの問題の大部分はプロジェクターで平準化できないので、私はそう主張します。

本質的に、これは信じられないほどポータブルで使いやすい強力なミニプロジェクターです。パッド入りのキャリーバッグは、プロジェクター、Chromecast、HDMIケーブルを簡単に持ち運びできます。すぐに適切なホームシネマプロジェクターに取って代わることはありませんが、どちらかを意味するものではありません。それはまともなスピーカーに接続されたときに映画の夜に完全にうまく機能しました、そしてあなたが航空機のハンガーに住んでいない限りあなたはそれが提供する120 "より大きな絵を必要としないでしょう。

この価格の他のスモールフォームファクタープロジェクターと比較すると、ここでの大きな魅力はネイティブの1080p解像度であり、他の多くのプロジェクターには欠けています。確かに、オンボードのAndroid TVオペレーティングシステムや内蔵のBluetoothスピーカーが欠けていますが、画質の点では、これをうまく実行するこの価格帯のピコプロジェクターを見つけるのは難しいです。