ピクシブとワコムが5月に大規模なオンラインドローイングフェスティバルを開催

世界中のほとんどの場所で大規模な集会が禁止されているため、企業は事実上すべてのイベントを開催することを余儀なくされています。それに伴う賛否両論はたくさんありますが、間違いなく最高の賛成論の1つは、遠く離れた人々とつながることができることです。

pixivとWacomは、今後のライブストリームアートイベントでまさにそれを実現したいと考えています。

3日間のドローイングフェスティバル、Drawfestのご紹介

オンラインアートコミュニティpixivとグラフィックタブレットメーカーのワコムが力を合わせて、世界中のアーティストを対象としたバーチャルでインタラクティブなドローイングフェスティバル「 Drawfest 」を開催します。自称「大規模マルチアーティストオンライン」(MMO)イベントは、今年5月21〜23日にYouTubeLive経由で英語と日本語の両方で開催されます。

Drawfestは、国際的に認められたイラストレーター、アニメーター、コミックアーティストが主催するオンラインワークショップ、レクチャー、グループドローイングセッションを特徴とする一連の8つのライブストリームプログラムで構成されています。完全なイベントスケジュールと司会者のリストはウェブサイトにあります。

確認さemceesはアニメーターの同類が含ま弘隆加藤、およびデジタルイラストレーターLoishModareZeronis 、およびHeikalaを

Drawfestの背後にあるチームは、アートを普遍的なものとして説明しています。それは、地域や言語の違いによってもたらされる障壁を打ち破るのに役立つ可能性があるということです。そうするその力は、イベントが概念化された理由の一部のようです。

Drawfestは、日英同時通訳付きのオンラインイベントを提供するというアイデアから生まれました。これは、クリエイターが世界中の他の志を同じくするアーティストと集まり、誰もが交流し、一緒に描くことができるようにするためです。

驚いたことに、Drawfestはレーダーの下をいくらか飛んでいたようです。確かに、pixivのユーザーベースは主に日本人ユーザーですが、Drawfestのスポンサーはすべてグローバルアートコミュニティ(Adobe、Netflix、Hololive English、Wit Studio、NetEase Games)の巨大な名前なので、もっと話があると思います。

関連: Wacom One Tabletは、デザイナーやアーティストにとって手頃な価格のオプションです

pixivとは?

pixivは日本の開発者片桐孝憲と片桐孝憲が制作したオンラインアートコミュニティです。 2020年4月現在、pixivの登録ユーザー数は5000万人を超え、1億件以上の投稿をアップロードしており、毎月37億ページを超えています。

クリエイターが作品を投稿したり、ファンがアーティストにフィードバックしたりできるスペースを提供することで、クリエイティブな活動を楽しむ人にとって楽しい環境を作りたいと考えています。 (…)作品を投稿できるプラットフォームは他にもありますが、pixivではクリエイティブな活動をもっと楽しくし、自分の興味に合った作品を見つけることの大切さを強調しています。

ウェブサイトの第一言語と主要言語は日本語ですが、その人気の高まりにより、英語、中国語、フランス語、韓国語、ロシア語、タイ語などの表示言語が追加されました。 pixivは発表の中で、アクティブユーザーの40%が日本以外の国から来ていると発表した。

今すぐDrawfestに申し込む!

絵を描く人なら誰でもDrawfestに参加できますが、pixivとWacomでは「登録」ではなく「応募」をお願いしているので、参加を希望するアーティストには何らかの審査があります。

提供されているGoogleフォームで、主にアートに使用しているグラフィックタブレットやプログラム、または以前に仕事のために描いたことがあるかどうかなどの情報を求められます。また、「一定数」のアーティストが応募した後、フォームは終了するとのことです。

したがって、Drawfestに参加したい場合は、できるだけ早く申請することをお勧めします。