ビールメーカーが醸造廃棄物をデニムジーンズに変える

日本のビールメーカーは、アップサイクリング技術を使用して、醸造プロセスからの廃棄物をブルージーンズに変え、その過程で会社の新しいファンを獲得しています。

麦芽の残骸などの醸造副産物は廃棄されることが多いが、サッポロビールは最近、沈殿物が衣類にも変化する可能性があることを知った、と日経アジアは報じた。

アップサイクリングテクノロジーを使用して作られたジーンズ
サッポロビール

サッポロビールは、ビール会社の東京本社から南西に約1,000マイル離れた沖縄にあるシマデニムワークスと提携して、特別なジーンズを作りました。

すでに衣料用の食品加工廃棄物のアップサイクリングに長けている志摩デニムワークスは、まず粕を和紙の「和紙」に変えてジーンズを作りました。

次に、和紙を使って糸を紡ぎ、デニムに織り込みます。完成品は「軽くて通気性」と表現されています。

Shima Denimは、同社のBlack Labelブランドを際立たせるために、サッポロビールのダークビールの粕を使用しました。

Black Label Malt&Hops Jeansの小売価格は41,800円(約310ドル)で、サッポロビールが最初の30ペアをオンラインストアに追加したとき、1,600人がパンツを購入しようとしました。

サッポロビールのアラキシンノスケアシスタントマネージャーは、日経アジアに、多くの人がジーンズを購入したいと思っていることに驚いたと語り、「予想よりはるかに大きい」と述べた。

パンデミックにより、日本の主要醸造所4社すべて(うちサッポロビール)のビール売上高が減少しました。困難な状況により、同社は、廃棄物に新しい命を吹き込む創造的で環境に優しい方法としてアップサイクリングテクノロジーを導入すると同時に、新しい収益源を模索し、ブラックラベルビールブランドの支持を築くことができました。