ビデオの低解像度を改善する7つのビデオ品質エンハンサー

私たちは皆、ビデオの品質が私たちが望んでいるものではない場合がありました。この問題は特にモバイルデバイスに関係しています。手が震える、照明が理想的でない、またはハードウェアの品質が低いと、録音が​​台無しになる可能性があります。

ビデオ品質を改善する方法を考えたことがあるなら、あなたは幸運です。今日は、最高のビデオ品質エンハンサーを実行します。

なぜビデオエンハンサーを使用する必要があるのですか?

ビデオエンハンサーには、フッテージに新しい命を吹き込むことができる多くの機能があります。当然、すべてのアプリにこれらの機能がすべて含まれているわけではありませんが、次の選択肢が期待できます。

  • アップスケールされた解像度
  • より良い照明
  • 安定性の向上
  • ノイズ除去
  • 明るさの調整
  • トリミング、回転、反転
  • フィルタ
  • エフェクトとアニメーション

では、どのアプリが最高のビデオ品質エンハンサーですか?

1.Filmoraビデオエディタ

利用可能:Windows、Mac

手頃な価格のデスクトップビデオエンハンサーを探しているなら、Filmoraは確かな選択肢です。年間40ドルを支払うか、70ドルで生涯ライセンスを購入できます。

無料版が利用可能ですが、コンテンツに透かしが残り、ストアからアプリの膨大なエフェクトライブラリにアクセスすることはできません。

Filmoraのツールは、ビデオをより高品質にするための優れた方法です。安定化、明るさ、コントラスト、色合い、彩度のコントロールを使用して、ビデオを強化できます。オーバーレイ、モーショングラフィックス、タイトルテンプレートもたくさんあります。

最後に、複数のビデオ形式がサポートされています。 YouTubeやVimeoに投稿するために最適化された形式でビデオをエクスポートできます。

ダウンロードFilmora Video Editor (無料、Proバージョンが利用可能)

2. PowerDirector

利用可能:Android

外出中にビデオ品質エンハンサーが必要になる場合があります。

Androidデバイスをお持ちの場合、利用可能な最高のアプリの1つはPowerDirectorです。 1億回以上のダウンロードがあり、GooglePlayストアからエディターズチョイス賞を受賞しています。

PowerDirectorはほぼプロ級のアプリですが、無料でダウンロードして使用できます。

機能には、マルチトラックタイムライン編集、エフェクトエディター、クロマキー編集によるブルースクリーンとグリーンスクリーンのサポート、ボイスオーバーツール、および豊富なエフェクトが含まれます。

このアプリにはフォトエディターもあります。すでにAndroid用のフォトエディタを使用している場合は、それを削除してデバイスのスペースを節約できる可能性があります。

ダウンロードPowerDirector (無料のアプリ内購入が可能)

3. Avidemux

利用可能:Windows、Mac、Linux

Avidemuxは、無料のオープンソースのビデオ編集および処理アプリです。これは、Mac用の最高の無料ビデオエディタの1つです。

ビデオの品質を向上させたい場合は、ソフトウェアの安定化ツールとそのビデオ解像度コンバーターを利用できます。通常のビデオを高解像度にアップグレードできます。

ライブラリにさまざまなビデオ形式がある場合に使用するのに最適なアプリです。このアプリは、FLV、MKV、AVI、WMV、MOV、OGM、MPEG、MP4などをサポートしています。

欠点として、Avidemuxはビデオタイムラインやクリエイティブな効果を提供していません。そのため、仕事にビデオエンハンサーが必要な人には適していない可能性があります。

ダウンロードAvidemux (無料)

4.ピナクルスタジオプロ

利用可能:iOS

ビデオの品質を向上させる必要があるiOSユーザーの場合は、Pinnacle StudioProを確認する必要があります。このアプリは、iPhoneビデオだけでなくiPadビデオの拡張にも適しています。

ピナクルは長い間ビデオ編集アプリを制作してきました。 iOSバージョンはデスクトップバージョンほど機能が満載ではありませんが、速度と遷移のコントロール、個々のフレーム編集、ピクチャーインピクチャーやパンアンドズームなどのエフェクトにアクセスできます。オーディオエディタ。

また、YouTube、Facebook、Twitterなどの簡単な共有ボタンを備えたソーシャルメディアに強化されたビデオを投稿したい人にとっても優れたアプリです。

残念ながら、PowerDirectorとは異なり、Pinnacle StudioProは無料ではありません。ライセンスには、13ドルの1回限りの料金を支払う必要があります。

ダウンロードPinnacle Studio Pro ($ 13)

5.FonePawビデオコンバーターUltimate

利用可能:Windows、Mac

何よりもまず、FonePaw Video ConverterUltimateはビデオ解像度エンハンサーです。このアプリはビデオ解像度をアップスケールし、480pビデオを720p、1080p、および4Kに変換できるようにします。

このアプリを使用して、暗い動画を明るくしたり、揺れを減らして動画を安定させたり、色相、彩度、コントラストを調整して動画のカラーバランスを編集したりすることもできます。

FonePaw Video Converter Ultimateは、多くのビデオ形式で動作します。つまり、他の場所を探す必要はありません。サポートされている形式には、MKV、AVI、WMV、MP4、FLV、MP3、WAV、M4A、WMA、3GP、およびMJPEGが含まれます。

アプリは無料ではありません。制限なしで試用を楽しむことができますが、その後は生涯ライセンスに40ドルを支払う必要があります。

ダウンロードFonePaw Video Converter Ultimate ($ 40)

6.ビデオショップ

利用可能:Android、iOS

Videoshopは、ビデオエンハンスメントプロセスにちょっとした楽しみをもたらすことを目的としたクロスプラットフォームのスマートフォンアプリです。

このアプリは、これまでに説明した他のいくつかのオプションよりも気楽なアプローチを採用しているため、ソーシャルメディアに適したコンテンツを作成したい人に最適なツールです。

たとえば、動物の鳴き声、おなら、爆発、笑い声など、さまざまなオーディオエフェクトを使用してビデオを改善できます。 Twitterの短いビデオ用のストップモーションツール、スライドショービデオのサポート、ストックミュージックライブラリもあります。

ビデオショップにも深刻な側面があります。トリミング、スローモーション、高速モーション、ナレーション、リバース再生などの機能がすべて備わっています。

アプリを無料でダウンロードして使用できますが、追加のツールやコンテンツのアプリ内購入もあります。

ダウンロードAndroid用ビデオショップ| iOS (無料のアプリ内購入が可能)

7. InShot

利用可能:Android、iOS

InShotで終わります。これは、もう1つの非常に人気のあるクロスプラットフォームモバイルアプリです。 Android版だけでも1億回以上ダウンロードされています。

このアプリは、ビデオエディターとビデオメーカーの両方です。つまり、ビデオの品質を向上させる方法を完全に制御できます。

InShotには、ビデオトリマー、スプリッター、マージ、無数のフィルターとエフェクト、速度制御、ビデオフォーマットコンバーター、オーディオエディターが含まれています。

繰り返しになりますが、このアプリは、ビデオ品質向上アプリを必要とするソーシャルメディア中毒者にアピールします。それはあなたのビデオがすべての聴衆に適切であるようにすべての主要なソーシャルプラットフォームをカバーするサイズ比のプリセットリストを持っています。

ダウンロードAndroid用InShot | iOS (無料のアプリ内購入が可能)

プロのようにあなたのビデオを編集する

そもそもビデオ品質を改善する方法がわからない場合は、これらのビデオエンハンサーアプリをダウンロードしても意味がありません。そうは言っても、これらのアプリに飛び込む前に、特定のビデオ編集ツールとテクニックについてもっと学ぶ価値があります。