ビデオが著作権で保護されているかどうかを確認する方法

ビデオを扱う人々にとって、著作権の問題はほぼ必然的に忍び寄ります。コンテンツを共有するには非常に多くの方法があるため、IDと所有権の保護が必要です。

このような状況では、動画が著作権で保護されているかどうかを確認する方法を知る必要があります。そうしないと、コンテンツを使用および保護する準備ができていない状態になる可能性があります。しかし、適切な知識とリソースがあれば、著作権の問題を回避する方法を知ることができます。

詳細について説明する前に、著作権がいつ始まるかを知ることが重要です。

誰かがオリジナルのビデオを作成するとき、著作権保護がそれをカバーします。動画は作成者のものなので、誰が最初にアップロードしたかは関係ありません。

ただし、動画の著作権を確認する必要がある場合もあります。たとえば、動画の支払いをした場合は、再確認する必要があります。フェアユースに該当すると思われる映像も含めることができます。しかし、これはさらに詳しく調べて、誤った情報を避ける必要がある灰色の領域である可能性があります。

これに対処するために、YouTubeは著作権保持者の教育と保護を続けています。それ以外の場合は、 YouTube動画をダウンロードすることが合法かどうかなど、これらのクリエイターの問題について常に把握することは困難です。

YouTubeの著作権プロセスを直接学び、体験するのが最も簡単です。何よりも、同時にYouTube Studioにある程度慣れることができます。

YouTube Studioに移動するには、次の手順に従います。

  1. YouTubeホームページに移動します。
  2. 右上隅にあるYouTubeアイコンをクリックします。
  3. メニューからYouTube Studio (再生ボタンが内側にある歯車のアイコン)を選択します。

YouTube Studioをナビゲートし、この4つのポイントでプロセスの詳細を学びます。

YouTube Studioにログインすると、著作権に関する既知の問題にアクセスするための3つの主要な方法があります。

  • ダッシュボードの著作権侵害カードを表示する
  • 著作権の申し立てについてビデオライブラリをフィルタリングする
  • [ 制限 ]列を確認してください

最初に気付くのは、これらのメソッドはアクティブなスクリーナーではないということです。代わりに、特定された著作権の問題に移動し、説明し、解決に向けて始めます。

問題のないユーザーは、[制限]列にカーソルを合わせることができます。ここから、[ 詳細を見る ]をクリックして、より多くの著作権情報にアクセスできます。

2. YouTubeビデオが著作権で保護されているかどうかを確認する方法:YouTubeヘルプ

著作権に関するYouTubeヘルプ

すべての動画の著作権チェッカーを自動化するのが理想的ですが、これは現実的ではありません。 YouTubeなどの事業体は、すべてのコンテンツ作成を監督することはできません。結局、YouTubeは法律を施行するだけです。

そのため、コンテンツIDの申し立てと著作権侵害は、適切な審査と法的手段を通じて行われる必要があります。

アップロードする前に動画の著作権をスクリーニングする真の方法は、調査を行うことです。これは最もエキサイティングな方法ではありませんが、著作権の法的部分を基本的に理解することが重要です。そうしたら、著作権で保護された動画に問題があるかどうかを確認できます。

著作権に関するよくある質問への対応に加えて、YouTubeの著作権と権利の管理は、次のことを学ぶのに役立ちます。

  • クリエイティブ・コモンズ
  • フェアユース
  • コンテンツID
  • 著作権侵害
  • 著作権の申し立てを提出する方法

あなたは一人で調査することができますが、著作権を決定するために、より直接的なアプローチを取るオプションが常にあります。

YouTubeの制限をテストしたい場合は、メインのYouTubeアカウントを使用しないでください。この目的のためには、一時的または代替のYouTubeアカウントがより適切に機能します。そうすれば、他の人に直接的なダメージを与えない制御された設定で機能を安全にテストできます。

このメソッドは、 コンテンツIDの一致をチェックすることに重点を置いています 。コンテンツIDの一致により、YouTubeは、ファイルの参照と一致する限り、他のユーザーのコンテンツを使用する人に対する申し立てを自動的に作成できます。

たとえば、著作権で保護された音楽を使用して動画をアップロードする場合、YouTubeはContent IDの申し立てで動画にフラグを立てます。これを解決するには、音楽を削除するか、交換するか、場合によっては収益を分配します。同様に、これがビデオセグメントで発生した場合、申し立てられたコンテンツを切り取ることができます。

自動化されたコンテンツIDの申し立ては、問題があることを意味するものではありません。それは著作権者のための安全策です。一度知ったら、それは著作権が問題ではないコンテンツの使用に関するすべてです。音楽はよくある問題なので、 著作権使用料無料の音楽にはHookSoundsをお試しください。

YouTubeパートナープログラムの参加者向けに、YouTube Studioには専用の著作権セクションがあります。動画をアップロードした後、 著作権一致ツールを使用すると、クリエイターはコンテンツに完全にまたはほぼ一致する動画を確認できます。結果と提供された情報を確認したら、他のアップローダーに連絡するか、YouTubeに動画の削除を依頼できます。

これはYouTubeの真のオンライン著作権チェッカーですが、自動化されたプロセスではありません。それには、著作権と権利の管理領域からのフェアユース、フェアディーリング、およびその他の詳細に関する情報に基づく知識が必要です。

また、完全なビデオまたはほぼ完全なビデオのいずれかを使用する一致の検索に関連して機能するため、完全に完璧なものではありません。したがって、使用率が低いと、特定のビデオが検出されないままになる可能性があります。

どの著作権ツールが最適かを判断するために、他の著作権管理オプションのフォームに記入することもできます。

もうお気づきかもしれませんが、著作権チェックの大部分はあなたにかかっています。オンラインで基本について議論しているリソースがありますが、例外が存在し、著作権法は国によって異なる場合があります。したがって、ビデオを操作するときはいつでも、自分のコンテンツを使用して勝つことはできません。

先に進んで許可を求める場合は、法的な必要性と結果を理解することが重要です。ビデオの目的に応じて、別のルートを試すことができます。たとえば、 クリエイティブコモンズと非営利目的の用途を探ることができます。

著作権を学ぶことはあなたの知的財産を保護し続けます。より多くの事前の努力が必要ですが、デジタル時代に警戒することがますます重要になっています。そうしないと、誰があなたのコンテンツを使用しているのか決してわかりません。

ただし、著作権用語は、作成者が知っておくべきすべてのコンテンツではありません。コンテンツ配信の進化に伴い、コピーレフトや著作権などの重要な概念も知っておく必要があります。