ハッブルエンジニアは、エラー後に機器を再び実行する計画を立てています

エンジニアは、先月のエラーでセーフモードにされたハッブル宇宙望遠鏡の修正に取り組んでいます。エンジニアはすでに1つの機器である掃天観測用高性能カメラ(ACS)をオンにしており、現在、望遠鏡の他の機器もオンにして科学運用を再開できるようにする計画に取り組んでいます。

ハッブルの掃天観測用高性能カメラは、 @ NASAが同期メッセージの欠落に関連する異常に対処するために取り組んでいるため、科学データの収集を続けています。

チームは現在、広視野カメラ3を来週稼働状態に回復するために取り組んでいます: https//t.co/kfTxZOg4A4 pic.twitter.com/XpxclwnY88

—ハッブル(@NASAHubble) 2021年11月16日

最近の更新で、NASAのエンジニアは、10月25日に発生した同期の問題にどのように取り組んでいるかについて詳細を共有しました。問題は、一部の同期メッセージが機器によって見落とされていたため、望遠鏡が自動的にセーフモードになり、機器の損傷。 ACS機器の電源を入れてから、同期メッセージを見逃すことはありません。

今のところ、他の機器はセーフモードのままですが、チームは、いくつかの同期メッセージが欠落している場合でも機器が動作し続けることができるように変更を加える予定です。彼らは現在、望遠鏡の機能へのリスクを最小限に抑えるために、残りの機器をオンにする順序を計画しています。 NASAは、操作の順序を計画し、ソフトウェアの変更をいつ行うべきかをテストするのに数週間かかると予想しています。次のステップは、変更を加えずに広視野カメラ3の電源を入れて、正常に動作することを確認することです。

ハッブルに関する現在の問題にもかかわらず、NASAは少なくともあと5年間は運用を続けると確信しているようです。エージェンシーは最近、ハッブルの運用契約を2026年まで延長し、ボルチモアの宇宙望遠鏡科学研究所(STScI)による望遠鏡の運用にさらに2億1,500万ドルを約束しました。

契約の延長について、ワシントンにあるNASAの本部にあるNASAの科学ミッション局の副管理者であるThomas Zurbuchen博士は、次のように述べています。数え切れないほどの個人と非常に多くのインスピレーションを与えました。」

ハッブルの現在の問題に関して、彼はそれらが修正される可能性があるという楽観的な見方を表明した。 「ミッションの専門家は、他の機器を完全に稼働させる方法を見つけるために一生懸命取り組んでいます」とZurbuchen氏は述べています。 「私たちは、宇宙船がさらに何年も科学を先取りし、今年後半に打ち上げられるジェイムズウェッブ宇宙望遠鏡と連携して機能することを期待しています。」