ドローンが今日使用されている6つのユニークな方法

ドローンが主に軍隊によって使用されていた時代はもう過ぎ去りました。今では、誰でも簡単に購入できるツールです。ドローン技術の商業化に伴い、その用途も大幅に拡大しています。

多くの企業がドローンの使用をワークフローに組み込んでおり、多くの企業がドローンにエキサイティングな趣味を見出しています。これにより、わずか10年前には考えられなかったドローン技術の進歩がもたらされました。

これが、今日世界でドローンが使用されている6つのユニークな方法です。

1.消火

ドローン技術の最も重要な実用的なアプリケーションの1つは、消防での使用です。ドローンは、この新しいテクノロジーを使用する多くの方法を見つけた消防士にとって重要なツールになりました。ドローンは通常、消防士が重要なデータを収集するために使用します。このデータは次のとおりです。

  • 火の大きさ。
  • 火が発している熱。
  • 火災が他の建物に広がっているかどうか。
  • 燃えている構造物に閉じ込められている人がいないかどうかを確認します。

消防士はまた、ドローンを使用して、火災による被害を評価します。これは、努力と保険金請求の再構築に役立ちます。

消防活動で使用されているドローンの1つの顕著な例は、パリのノートルダム大聖堂の火災でした。ドローンは、火災がどのように進行し続けたかを追跡するために使用されました。これは、炎に取り組む消防士が水ホースを狙うための最良の方法を決定するのに役立ちました。さらに、火災がさらに大きな被害をもたらすのを防ぐのに役立つ重要なデータを収集するのに役立ちました。

2.建設

ドローンには、建設業界で使用される多くの方法があります。それらは、建築現場を調査し、構造の概要を取得するために使用されます。

ドローンは、背の高い建物を検査するための優れた方法でもあります。

ドローンを使用することで、人々は、屋根の検査や老朽化した建物の調査など、建設の特定の危険な部分を取り上げる必要がなくなります。

ドローンを使用する前に、調査と検査には足場またはハーネスの使用が必要でしたが、どちらも建設作業員に重大なリスクをもたらしました。ドローンを使用すると、時間を節約できるだけでなく、より安全な慣行が守られていることを確認できます。

小規模および大規模な建築プロジェクトでも、ドローンはさまざまな効果的な方法で使用できます。建設におけるドローンの一般的な用途には、建物の調査、煙突などの産業構造物、通信マストなどの通信構造物、さらには農業用の建物やフェンスなどがあります。ドローンは、道路、鉄道、パイプラインの敷設などの主要なプロジェクトでも使用されます。

3.マーケティング

最近注目を集めているドローンの本当にクリエイティブな用途の1つは、マーケティングです。効果的なマーケティング戦略と広告は、新しい顧客を見つけることと長年のバイヤーを維持することの両方に関して、ビジネスの成功に不可欠です。また、ドローンは、多くの企業が比較的低コストで人目を引くビジュアルコンテンツを作成するのに役立ちました。

現在市場に出回っているドローンには、誰でも高品質のフィルムや静止画を撮影できるセンサーと周辺機器が搭載されています。ドローンのGPSと4Kカメラは、観光、不動産、PR会社などの複数の業界でビデオやパンフレットを作成するのに役立ちます。

4.趣味

多くの人にとって、飛行ドローンは彼らの新しい趣味になっています。ドローンには多くの実用的な目的があり、多くの業界で創造的に使用されていますが、それらは本当に楽しいツールでもあり、娯楽目的で購入することができます。ドローンに関するニュースを注意深くフォローしているドローン愛好家がいます。彼らはまた、ドローンを自分で所有している場合もあります。

ドローン自体が趣味になる可能性がありますが、別の趣味や興味をサポートするのにも役立ちます。一般の人々の間では、ドローンは一般的に写真撮影やビデオの作成に使用されます。ドローンの助けを借りて、平均的な人は、1回限りのヘリコプター旅行をする余裕がない場合でも、空中ショットを撮り、冒険の撮影にふけることができます。

ドローンは、アマチュアとプロの両方の写真家がイベントや行事の写真を撮るために一般的に使用されています。それは、例えば、多くの結婚式の写真家によって一般的な提供になっています。

5.配達サービス

ドローンによる配達は、目新しいものになっています。企業がドローンゲームによる配信にどのように取り掛かろうとしているのかについてのニュース記事が浮かんでいます。

配達サービスにドローンが広く採用される可能性があり、Amazonはすでにこの点で動き始めています。多くの企業もドローンによる配達に関心を持っており、ウォルマートは特にこの技術に投資しています。

世界的に、ドローンによる配達はある程度の牽引力を得ています。ルワンダでは、ドローンを使用して、医薬品、ワクチン、その他の消耗品などの重要な医療品を配達しています。中国では、SFExpressが配達サービスでドローンを使用するためのライセンスを付与されています。

いくつかの企業が配達にドローンを使用することの実行可能性をテストしていますが、それらの使用はあまり普及していません。近い将来、ドローンの配達が勢いを増すと推測されています。

6.保全活動

ドローンは、自然保護の取り組みや環境に関するデータの収集に関して重要なツールであることが証明されています。ドローンは、侵食の監視から森林地域のマッピング、動物種の特定まで、さまざまな方法で使用されてきました。

自然保護プロジェクトに携わる研究者や科学者は、ドローンを頻繁に使用しています。ドローンは主に森林や動物の評価と管理に使用されます。

ドローン:現在と未来

ドローンがかなり基本的で、機能的なカメラを備えていた時期がありましたが、それ以外に推奨するものはあまりありませんでした。しかし、それは近年変化しています。今日、ドローンは楽しい趣味であると同時に重要なツールになっています。今日のドローンは革命的なものに他なりませんが、ドローン技術のより良い進歩が進んでいるようです。

現在製造されているドローンには、多くの可能性があります。熱、視覚、マルチスペクトル、写真測量などのさまざまなカメラセンサーを使用して、物体や障害物を感知できます。

覚えておくべきことの1つは、一部の国や都市には、遵守しなければならないドローン法があるということです。使用する前にこれらをよく読んで、必要に応じて許可を得ていることを確認してください。