テスラの電気自動車は1か月で2番目の価格上昇を迎えます

テスラ車は今月2回目となる大幅な値上げを受けました。ただし、各モデルのすべてのバージョンの価格が上がっているわけではありません。

たとえば、モデル3スタンダードレンジプラスは$ 2,000上昇して$ 43,990になりましたが、テスラモデル3ロングレンジAWDは$ 49,990のままで、テスラモデル3パフォーマンスは$ 57,990のままです。

テスラのモデルY車両に関しては、ロングレンジデュアルモーターは$ 2,000増加して$ 56,990になりましたが、モデルYのパフォーマンスは$ 61,990のままです。

さらに大きな値上げを受けているのは、ベースのモデルSとモデルXの車両で、それぞれ$ 94,990と$ 104,990に戻り、$ 5,000の増加に相当します。

値上げは静かに展開され、電気自動車のウェブサイトElectrekが最初に変化を見つけました。

億万長者の起業家であるイーロン・マスクが率いるテスラは、最近の値上げの理由を提示していません。

今年上半期にテスラの価格を押し上げた変化は、「業界全体の主要なサプライチェーンの圧力」に起因していました。

今年、世界中の自動車メーカーは、車両ソフトウェアに電力を供給するチップの不足に見舞われています。テスラはこれによってある程度影響を受けましたが、エンジニアはソフトウェアを書き直して別のチップで動作できるようにすることで影響を減らす方法を見つけました。

テスラを注文する一部の顧客も、多くのモデルで出荷時間が長くなっているため、辛抱強く待つ必要があります。

モデル3スタンダードレンジプラスの米国での納期は現在2022年6月です。パフォーマンスバージョンでは11月の早い日付が表示され、ロングレンジモデルでは12月が表示されます。

モデルYロングレンジは2022年5月まで出荷されませんが、パフォーマンスは現在2021年12月の納期を示しています。

今すぐモデルSロングレンジを注文すると、2022年6月に届きます。ただし、モデルS格子縞は、12月より早く到着します。最後に、モデルXロングレンジは2022年9月の納期を示しており、チェック柄バージョンは2022年7月に出荷されます。

最新の価格設定の進展は、日曜日にテスラがドライバー支援FSDソフトウェアの最新バージョン(10.3)をプルしたときに、ムスクがドライバーに「いくつかの問題が発生している」とツイートしたことから始まります。 FSDのバージョン10.3を撤回するということは、最新バージョンのバグが適切に潰されるまで、ドライバーは今のところバージョン10.2を使用する必要があることを意味します。