ダークウェブとディープウェブ:違いは何ですか?

ダークウェブ。

あなたがしばらくインターネットを利用しているなら、あなたはその用語に遭遇したに違いありません。

多くの人々は、インターネット上での違法で安全でない活動と並行して、「ダークウェブ」および「ディープウェブ」という用語を使用しています。しかし、現実には、これらの場所は非常に異なっており、一般の認識が歪んでいます。彼らは犯罪活動を主催していますが、あなたが非常に遠くに行かない限り、あなたは何にも遭遇しない可能性があります。

これらの場所を詳しく見て、それらが何であるかを区別してみましょう。

表層ウェブとインデックス作成

ダークウェブとは何かを理解する前に、信頼できるワールドワイドウェブを振り返ってみましょう。ソーシャルメディアからニュースフィードまで、あらゆる種類のWebサイトにアクセスするためにWorld WideWebを使用しています。

このウェブでは、Googleなどの検索エンジンを使用して何千ものウェブサイトにアクセスできます。ただし、アクセスできるWebサイトは、Web全体のごくわずかな割合しか占めていません。これはSurfaceWebとしてよく知られています。

では、なぜこのような少量のWebにしかアクセスできないのでしょうか。これは、インデックス作成と呼ばれるプロセスが原因です。インデックス作成は、Googleなどの検索エンジンがデータを分析してウェブサイトに保存する方法であり、検索時にデータが表示されるようにします。

検索エンジンは、リンクを介してインターネットをクロールし、1つのWebページ、そのページのリンクなどにアクセスして、すべての情報を追跡します。検索エンジンがアクセスできないものは、ディープウェブの一部と呼ばれます。

ディープウェブとは何ですか?

ディープウェブは、検索エンジンで見つけることができないウェブサイトを含むウェブのサブセットです。グーグルに表示されないものはすべてディープウェブで見つけることができます。

ディープウェブ上のコンテンツへのアクセスは簡単です。 Webサイトにログインするたびに、アクセスした情報はディープWebに保存されます。これは、電子メール、銀行情報、またはソーシャルメディアアカウントである可能性があります。

政府および民間企業は、ディープウェブを利用して個人情報を保存しています。これには、医療、法律の記録、民間銀行のデータなどが含まれます。リンクのないWebサイトは、ディープWebの一部と見なすことができ、Webの90%を占めています。

深層ウェブは全体として安全であると見なすことができますが、さらに冒険を進めると、危険にさらされる可能性があります。ディープウェブのエリアでは、地域の制限を回避し、お住まいの地域では利用できない可能性のあるメディアにアクセスできます。深層ウェブの大部分は著作権侵害に使用されており、最後には、ダークウェブとして知られる最も危険な領域にいることに気付くでしょう。

ダークウェブとは何ですか?

表層ウェブが氷山の上部にある場合、暗いウェブは下部にあります。水没しており、通行人には見えません。ダークウェブはディープウェブのごく一部であり、専用のウェブブラウザからのみアクセスできます。

ダークウェブはあらゆる種類の違法行為の本拠地であり、安全でないと見なされています。前述のように、通常のブラウザはダークウェブのWebサイトにアクセスできません。ダークウェブは、「オニオンルーター」の隠しサービスプロトコルを使用して機能します。 Torサーバーはサーフィンに使用されます。それらは検索エンジンからは検出できず、ユーザーに完全な匿名性を提供します。

関連:ダークウェブは違法ですか?

ダークウェブにアクセスすると、すべてがTorネットワークの内部にとどまり、すべての人に平等にセキュリティとプライバシーを提供します。これは良いことでも悪いことでもあり、犯罪活動が非常に広まっている理由です。それから多くの世界的な懸念が生じました。最も注目すべきものの1つは、あらゆる種類の商品を入手するための市場である悪名高いシルクロードです。

危険にもかかわらず、ダークウェブはディープウェブの非常に隠された部分であり、アクセスしたり操作したりすることはほとんどありません。あなたがそうすることを完全に決心しない限り、あなた自身がそれに関与しているのを見つけることは不可能です。

安全対策と注意事項

ダークウェブは非常に危険です。しかし同時に、通常の方法ではアクセスできません。しかし、深層ウェブについても同じことは言えません。

ディープウェブで誤って違法なページに遭遇する可能性は、ダークウェブよりもはるかに高くなります。これは、ランダムなリンクをクリックしたり、フィッシングメールを受信したりするなど、さまざまな方法で実行できます。

ディープウェブ上のコンテンツへのアクセスは比較的安全ですが、それはその個人情報へのアクセスにリスクがないことを意味するものではありません。データが盗まれたり、ハッキングされたりする可能性があります。以下は、身を守るために取ることができるいくつかの予防措置です。

  • プライバシーを保護するために、常にプライベートネットワークでVPNを使用してください。
  • 強力なパスワードを使用してアカウントを保護し、同じパスワードを複数の場所で使用しないでください。
  • オンラインで個人情報を提供しないでください。
  • 電子メールを介してリンクにアクセスしないでください。

関連: Doxxingから保護する方法

Torはあなたを保護し、ダークウェブ上で匿名性を提供しますが、ダークウェブは使用しないことをお勧めします。それでもアクセスしたい場合は、通常の電子メールを使用せず、Torアプリケーションが更新されていることを確認してください。ファイルはウイルスやマルウェアでいっぱいになることが多いため、ファイルのダウンロードは避けてください。ダークウェブにアクセスしても、自動的に危険にさらされることはありませんが、その仕組みに慣れていない場合は、気付かないうちに捕まるのは非常に簡単です。

ダークウェブとディープウェブ:あなたのプライバシーあなたの責任

ディープウェブとダークウェブはどちらもプライバシーと匿名性を提供します。ディープウェブはあなたの個人情報を保護するのに役立ちますが、あなたの手にはありません。

アクセスするデータが何であれ、そのデータを保持している組織にもデータがあります。それに比べて、ダークウェブは完全な匿名性の原則に基づいて動作し、すべてをあなたの手に委ねます。

ツールは本質的に悪ではなく、どのように使用するかは私たち次第です。私たちのオンラインプライバシーは、私たちが思っている以上に私たちの管理下にあります。インターネットの安全性とセキュリティを実践することは重要です。それは、SurfaceWebを使用している場合でも当てはまります。