ソニーは10億ドルでCrunchyrollを買収しようとしています

Crunchyrollは、2006年に開始され、現在ではコンピューター、携帯電話、ゲーム機、その他のデバイスで視聴する登録ユーザーが7,000万人にまで成長したアニメストリーミングサービスです。

報道によると、ソニーはCrunchyrollと1,000億円(10億ドル近く)でサービスを取得するための最終交渉を行っている。

ソニーはCrunchyrollを購入する予定ですか?

AT&Tは2006年に大卒者によって設立されましたが、2018年にCrunchyrollの親会社になりました。

現在、日経アジアが報じたように、ソニーはCrunchyrollの独占交渉権を持っており、最終的には1,000億円を費やす可能性があります。

The Informationの以前のレポートによると、AT&Tはソニーに15億ドルを求めていたが、ソニーは価格が高すぎると考えていた。

ソニーは現在、米国のアニメディストリビューターであるFunimationを所有しており、独自のアニメ番組も持っていますが、Crunchyrollの買収により、NetflixやAmazonなどの企業に対するストリーミングサービスマップに技術の巨人がしっかりと登場します。

とは言うものの、Crunchyrollの7000万人のメンバー(200カ国以上から)のうち300万人だけがサービスにお金を払っています。 2020年8月、 Crunchyrollは、より多くのお金をもたらすために、新しいメンバーシップ階層追加しました

COVID-19は人々を屋内に閉じ込め、アニメーションは実写よりもリモートで作成するのが簡単であるため、ソニーは間違いなくCrunchyrollの購入を間もなく終了することを望んでいます。

アニメはYouTubeやAnime-Planetなどのサービスで利用できますが、利用可能なアニメコンテンツの豊富さに関しては、Crunchyrollが群を抜いて最大かつ最高です。