ソニーの新しいXシリーズスピーカーがパーティーをどこにでも持ち運びます

ますます多くの人々がCOVID-19ワクチンを接種できるようになった今、パーティーが発生する可能性が高くなっています。良い音楽のないパーティーとは何でしょうか。

ソニーはいくつかの強力なBluetoothスピーカーの開発に忙しくしています。同社はSony.comで4つの新しいXシリーズモデルを発表しました。各モデルには、屋外パーティーに最適な機能が多数搭載されています。

ソニーの新しいXシリーズBluetoothスピーカー

最初に、ソニーは現代のラジカセとして機能することを目的とした3つの大きなスピーカーを発表しました。それらはまだ持ち運びに十分なほど小さいですが、大音量とたくさんの低音を押し出すのに十分な大きさでもあります。

ソニーによれば、3つのモデルすべてにいわゆる「Xバランス」スピーカードライバーが付属しており、音量を上げたときに歪みを減らし、ボーカルに明瞭さを加えながら、低音と中音を強調すると主張しています。また、低音を追加するメガバスボタンもあります(バッテリー寿命も短くなります)。

まず、349.99ドルで販売されているSRS-XP500があります。それはそれらすべての高音を打つ2つのフロント高効率ツイーターを備えています。それは24ポンドの重さで大きい側にあります、しかしそれはあなたがそれを場所から場所へ運ぶことができるのに十分小さいです、しかしそれはあなたがそれを一日中持ち歩きたいと思うほど小さくはありません。

XP500は、メガバスがオンのときに約20時間持続します。これは、かなり深刻な怒りを覚えるのに十分な時間です。また、IPX4の耐水性と、他のデバイスを充電する機能も備えています。

SRS-XP700には、小型のSRS-XP500と同じ機能がすべて搭載されていますが、大型で高価です。小売価格は449.99ドルです。このモデルと小さいモデルの両方に、ギターやその他の楽器を接続して、ある種のアンプとして使用するための入力があります。

このモデルと小型モデルの最大の違いは、スピーカーが垂直か水平かに基づいてサウンドを調整するリアツイーターと内部センサーです。

ソニーはまた、バッテリー寿命が最も長いSRS-XG500を発表しました。 1回の充電で30時間持続します。これは非常に印象的です。それはより軽く、20ポンド未満で体重計を傾けます。また、持ち運びをより楽しくするハンドルも付いています。

最後に、ソニーは、より伝統的なポータブルBluetoothスピーカーである60ドルのXB13を発表しました。大きなスピーカーと同じパワーはありませんが、背中を壊さないスピーカーを探しているなら、一見の価値があります。

ソニーの新しいXシリーズスピーカーの可用性

ソニーの新しいスピーカーはすべて6月に出荷される予定なので、ピックアップするのにそれほど長く待つ必要はありません。