ソニックフロンティアはもともと2021年に発売される予定でした

ソニックフランチャイズの次のエントリーであるソニックフロンティアは、 セガの投資家のQ&Aによると、当初は2021年にリリースされる予定でしSonicstadiumが発見したように、現在2022年のホリデーローンチが予定されているSonic Frontiersは、「品質をさらに高めるために」延期されました。

「このタイトルだけでなく、開発段階でも、外部評価によるゲームテストの導入など、リリース前のタイトルの質を高めるための分析を着実に進めており、良いものになると感じています。ゲームに大きな期待を寄せています」とQ&Aでセガからの回答を読んでいます。

ソニックのゲームが期待に応えられるようにするために延期されたのはこれが初めてではありません。 2016年のSonicBoom:Fire&Iceも同じ理由で延期されました。

ソニックフロンティアはまた、フランチャイズを劇的な新しい方向に導く準備ができています。ゲームプレイがまだ明らかにされていないゲームは、オープンワールドのように見え、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドからインスピレーションを得ています。

セガの投資家向けQ&Aは、2022年に入るセガのビジネス戦略の他の部分にも触れました。これには、NFTに対する同社の関心も含まれます。同社はまだ何も約束していないが、セガは現在「さまざまな実験を試みており、すでに多くの異なる研究と検討を開始しているが、現時点ではP2E(play-to-earn)については何も決まっていない」。セガは、他のスタジオがNFTをゲームに統合する計画を発表している一方で、ユーザーは「この時点で否定的な反応」を示していることを認めています。 STALKER 2開発GSCゲーム世界は最近、離れのNFTから旋回し迅速によるファンバックラッシュへの統合を発表した後、今後のゲームにそれらを置くためにすべての計画を終了し、。