セガは、ライク・ア・ドラゴンのヤクザの名前を正式に捨てる理由を説明します

ヤクザの名前はもうありません。セガは今後、一連の犯罪ドラマを「ライク ア ドラゴン」というフランチャイズ名で正式にブランド変更する予定です。これは、今年の東京ゲーム ショーの前に3 つの新しいゲームが公開されたことで明らかになりました。 Digital Trends と話すと、Sega of America の担当者は名前の変更の理由を確認しました。

セガ・オブ・アメリカの代表者はデジタルトレンドに、「このシリーズは『ライク・ア・ドラゴン』として知られるようになり、日本語の名前とより密接に一致することを確認できます.

日本では、セガは 2005 年の開始以来、シリーズを龍が如くと呼んでおり、そのフレーズは開発者の RGG Studio の名前にもなっています。 「龍が如く」は英語で「ドラゴンのように」と訳されますが、セガは 2006 年に最初のゲームを西洋にもたらしたときにシリーズをヤクザと呼ぶことにしました。物語はヤクザに直接焦点を当てているため、セガがシリーズにすべての地域で同様のタイトルを付けることは理にかなっています.セガのローカリゼーション プロデューサーであるスコット ストリチャート氏は、2020 年代の『ヤクザ: ドラゴンのように』では、チャプターに「第 12 章: ヤクザの終わり」という名前を付けることで、変更を予見していたと Twitter で指摘しました。 Strichart は、今後の Like a Dragon タイトルのローカライズには関与していません。

どうすればもっと明確にできたのかわかりませんpic.twitter.com/tc4WuU89OA

—スコット・ストリチャート (@TriggerRedd) 2022 年 9 月 14 日

PC、PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X/S 向けに 3 つの Like a Dragon ゲームが開発中です。ライク アドラゴン: 維新は、 2023年 2 月 23 日に発売される最初の作品です。 2024年。