スマートホームとスマートデバイスが障害を持つ人々を助けることができる7つの方法

ますます技術的な世界では、スマートホームとその中のデバイスが障害を持つ人々の生活をより快適で便利にする多くの方法があります。

スマートデバイスは、ユーザーや介護者が簡単に設置できるだけでなく、外部の支援に頼ることなく、ユーザーが幸せで自立した生活を送れるようにすることもできます。

スマートホームが障害を持つ人々を支援しているいくつかの方法があります。

1.スマートホームは利便性の向上を提供します

利便性と使いやすさは、スマートホームが提供することを約束する主な利点です。スマートデバイスは大多数の人にとって贅沢ですが、一部の人にとっては必需品です。

身体の不動、視覚障害、または慢性疾患のために他の人に依存しなければならないユーザーにとって、スマートホームデバイスは画期的なものでした。スマートホームシステムは、すべて手のひらからユーザーに完全な制御を提供します。

1台のスマートフォンで操作できる音声制御のガジェット、電化製品、家庭用オペレーティングシステムにより、障害を持つ人々の日常生活がはるかに簡単で便利になりました。

2.スマートホームは強化されたセキュリティを提供します

スマートセキュリティシステムと監視装置は、障害を持つ人々だけでなく、家族や愛する人にも大きな安心と安心をもたらすため、障害を持つ人々にとって非常に重要です。

たとえば、スマートドアは、視覚障害のある人に、玄関のドアが開いているかどうか、またはホームセキュリティが何らかの形で危険にさらされているかどうかを知るための代替の手がかりを提供します。

スマートロックとスマートドア

スマートロックとスマートドアは、ホームセキュリティを確保するために使用される従来のキーまたはキーパッドの代替手段です。これらは、寝たきりの人や身体の不動に苦しんでいる人のために、家政婦、世話人、看護師、またはセラピストへのアクセスを提供するときに便利です。

これらはスマートフォンからアクセスでき、管理者アクセスを使用すると、ゲストアクセスを許可したり、1日の間に誰かがあなたの家にアクセスできる回数を制限したりすることもできます。これらのアプリケーションは、誰があなたの家に入ったかのログも保持します。

認知症やアルツハイマー病に苦しんでいる人には、スマートドアとスマートロックが便利です。これは、彼らがあなたをあなたの家から締め出さず、誰かが出入りするかどうかを監視し、緊急時に家族を最新の状態に保つことができるためです。

バッテリーが切れたり、インターネット接続が切れたりした場合でも、これらのロックを開く方法は常にあります。これにより、ユーザーは家を離れることを心配する必要がなくなります。

リークセンサー

配管やパイプの漏れは、損傷がかなり広範囲に及ぶまで検出できないことがよくあります。特に障害者や認知障害者にとって、漏れの検出は難しい場合があります。

リークセンサーは、リークを検出してデバイス上で通知し、予防デバイスとして機能し、障害を持つ人々が家を適切に維持できるようにします。

3.スマートホームは日常の機能のリモートコントロールを可能にします

スマートデバイスとガジェットの大部分は、リモートで制御できます。スマートフォンまたは専用リモコンで操作できます。

スマートデバイスの最大の利点は、家から離れていても制御できることです。スマートドアとスマートロックに加えて、スマート照明ソリューションもリモートで制御できます。

スマート照明

他のスマートデバイスと同様に、スマート照明デバイスはリモートで制御できます。さらに、多くの種類のスマート照明システムがモーションセンサーに接続されているため、身体の不自由な人でも簡単に照明のオンとオフを切り替えることができます。

センサーが有効になっているスマート照明デバイスは、私道やガレージのセキュリティ目的にも使用できます。モーションセンサーに接続された階段は、障害のある患者にとって非常に役立ちます。さらに、スマート照明デバイスはエネルギー効率が高く、ユーザーのエネルギーコストを削減します。

4.スマートホームはエネルギー効率を改善します

スマートデバイスは、標準的なアプライアンスや家庭用システムと比較して、エネルギーコストを削減することが証明されています。

すべてのシステム設定を正確に制御することで、センサー対応およびリモート制御のデバイスは、家庭の効率指数を向上させ、電気代の削減に役立ちます。ここでのいくつかの例は、スマートブラインドとスマートサーモスタットです。

スマートカーテンとブラインド

身体障害者または視覚障害のある患者のためにカーテンやブラインドを物理的に操作することは不便な場合があります。スマートカーテンを使用すると、スマートフォンを介したアプリケーションを使用して、それらをリモートで制御できます。一部のスマートブラインドは、メカニズムに電力を供給するモーターのソーラー充電を可能にし、手動で充電する手間を省きます。

スマートサーモスタット

スマートサーモスタットは、家の温度をリモートで制御するのに役立ちます。それらは費用効果が高く、エネルギー効率が良いです。部屋を暖かく保つ必要がある患者にとって、スマートサーモスタットはスマートフォンから制御できるため、従来のサーモスタットの優れた代替品です。

スマートサーモスタットは、他の人よりも体温が低い傾向があるため、脳性麻痺に苦しむ患者にとって非常に便利です。また、車椅子に制限されている患者にとっても有益であり、手動で行うことなく、自宅の温度を簡単に制御できます。

5.スマートホームはあなたが一箇所からあなたの家を管理するのを助けます

スマートデバイスは、さまざまな音声アシスタントと統合されているため、障害を持つユーザーは、音声コマンドを実行するだけで、家の中の他のデバイスを制御できます。したがって、それを完全にハンズフリーの体験にします。

音声アシスタントは一元化されたハブであり、簡単な音声コマンドで家の中のすべてのデバイス制御できます。これらは、視覚障害や運動制限のあるユーザーにとって非常に役立ちます。

さらに、スマートデバイスは、デバイスの機能とそれが制御する関連する側面に関する詳細なレポートを提供し、ユーザーに特定の期間に消費されたエネルギーの明確なアイデアを提供します。

6.スマートホームは障害のあるユーザーが自立するのを助けます

スマートデバイスは、人々が家事や活動を簡単に管理するのに役立つだけでなく、障害を持つ人々が通常の生活を送り、自立するのに役立ちます。スマートデバイスは、家族や介護者への依存を減らすことで、自尊心を大幅に高め、尊厳のある自立した生活を送るのに役立ちます。

スマートピルディスペンサーやヘルストラッカーなど、障害を持つ人々の依存を減らし、健康状態を監視し、毎日のレポートを医師と共有するのに役立つスマートデバイスがいくつかあります。

ピルディスペンサーのようなスマートガジェットは、病院の主介護者や多くの居住者の薬を追跡する必要がある介護者を支援することができます。また、認知症に苦しんでいる患者や、定期的に錠剤を服用するのを忘れている患者にとっても恩恵です。

障害のある患者のためのヘルストラッカーとスマートウェアラブルテクノロジーを使用して、酸素と血中レベル、さらにはECGレベルの一定のカウントを監視および維持できます。

位置追跡デバイスは、アルツハイマー病や認知症の患者が誤って迷子になった場合に追跡するために使用できるため、アルツハイマー病や認知症の患者に役立つことがわかります。身体の病気を患っているユーザーにとって、ロボットによる洗浄装置は日常の家事に役立ちます。

7.スマートホームは個人に対応するようにカスタマイズできます

従来のガジェットやアプライアンスの問題は、それらが大衆向けに作成されており、特定のユーザーのニーズに合わせて一般的にカスタマイズできないことです。

ただし、スマートデバイスは、障害を持つ人々の要件に合わせてカスタマイズできるため、障害を持つユーザーがこのテクノロジーを非常に簡単に採用できます。

障害を持つ人々が自立した生活を送るための力を与える

スマートデバイスは、障害を持つ人々が自分自身を独立して管理する自由を与えるだけでなく、プレミアムライフスタイルにアップグレードする機会も与えます。

今日、多くのテクノロジー企業は、身体の不自由なユーザー専用に設計されたスマートデバイスを作成し、健常者ができることをすべて実行できるようにするための意識的な取り組みを行っています。

テクノロジー業界の拡大と成長に伴い、障害を持つユーザーのためのスマートイノベーションの可能性は無限大です。

今では、障害者が制御、セキュリティ、コミュニティへの参加を強化することで、より前向きな生活を送ることができるように、より大きな意識を高め、これらのスマートデバイスの採用を大規模に奨励する必要があるだけです。