スマートホームとは何ですか?長所と短所、説明

最近、「スマートホーム」という言葉をよく耳にします。しかし、スマートホームとは正確には何ですか?何がそれを「スマート」にするのか、そしてなぜ誰かが彼らの家を改築することに興味があるのでしょうか?

スマートホームの詳細について説明し、テクノロジーが自分に適しているかどうかを確認します。

スマートホームとは何ですか?

スマートホームとは、何らかの形の電子機器を使用して日常のタスクを制御または自動化する家のことです。これらの家は、家にあるすべてのデバイス間の通信を可能にする中央ハブの周りに統合されることがよくあります。

これらのデバイスは、温度センサー、スマートサーモスタット、壁スイッチ、スマートプラグ、水センサー、ドアと窓のセンサー、モーションセンサー、およびその他の多くの統合デバイスにまで及びます。スマートフォンのように(電話をかけるだけではありません)、スマートホームを使用するとホームタスクの多くを自動化できます。

たとえば、朝の出勤時にサーモスタットの温度を自動的に下げたいとします。統合されたサーモスタットを備えたスマートホームは、あなたがそれをすることを可能にするかもしれません。または、ゲストの玄関のドアのロックを解除したいが、オフィスで立ち往生している場合は、設備の整ったスマートホームでそれが可能になります。

最後に、土曜日と日曜日の午後9時にクリスマスライトをオフにしたい場合はどうすればよいでしょうか。適切に設定されたスマートホームを使用すると、このタスクを自動化することもできます。一部のスマートホームデバイスは、家の掃除機をかけたり、芝生を刈ったりすることもできます。

スマートホームは、時間を節約し、セキュリティを強化し、快適さを向上させ、住宅所有者の生活をより楽しくします。

関連:スマートホームハブとは何ですか?

スマートホームはどのように機能しますか?

スマートホームがどのように機能するかを説明する最も簡単な方法は、家を人体のように考えることです。ほとんどのスマートホームには頭脳があり、それは多くの場合、モバイルデバイス上のアプリまたはアプリのセットです。この中央デバイスはハブと呼ばれます。

ハブは、すべてのアクティビティをネットワーク上のスマートデバイスに転送します。家が体のようなものである場合、これらのデバイスはその手足です。これらのデバイスは、インターネットの力と統合された接続を使用して、ハブから指示を受け取り、それらの指示に基づいて特定の機械的動作を実行します。

自動化と呼ばれる動作は、家族にテキストを送信することから、家のすべての照明をオンにしてセキュリティアラームを鳴らすことまで多岐にわたります。

多くの人が複雑なタスクを実行するスマートホームを構築しており、AppleやSmartThingsなどの企業は、これらの自動化を簡単に作成できるようにソフトウェアにプログラミングツールを組み込んでいます。

関連:あなたの家に最適なスマートドアベル

スマートホーム通信プロトコル

スマートホームハブは、デバイスと通信するために、デバイスとハブの両方が理解できるある種の通信言語を必要とします。多くのスマートホーム製品が市場に存在するため、いくつかのメーカーがこれらの通信プロトコルを標準化しています。スマートホーム業界は、連携しない数百のプロトコルを使用するのではなく、Zigbee、Z-Wave、Thread、KNX、Control4、Bluetooth、Wi-Fiのいくつかに絞り込みました。

現在使用されている最も有名なプロトコルは、ZigbeeとZ-Waveです。ただし、多くのメーカーは、他のより一般的なプロトコルに比べていくつかの独自の利点を提供するため、スレッドに移行し始めています。さらに、一部のBluetoothデバイスは、機能するためにインターネット接続を必要としないため、一部の人々にとって魅力的です。

関連: ZigbeeとZ-Waveの違いは何ですか?

スマートホームのメリット

スマートホームの最も重要な利点のいくつかは何ですか?最も重要な利点は利便性です。スマートホームを使用すると、世界中のどこからでも(ソファを含む)自宅のHVACを制御したり、照明をオンまたはオフにしたり、外部スプリンクラーシステムを制御したり、玄関に到着したゲストを表示したりできます。

これらのタスクのほとんどは、モバイルデバイスまたはスマートホームハブを使用して実行できます。特定の時間または特定の日に発生するように特定のタスクを設定することもできます。スマートサーモスタットを最適に設定したり、雨が降っているときに灌漑システムをオフに保つように設定したりすることも、スマートホームがお金を節約できる方法です。

スマートホームは、一部の住宅所有者を悩ませているアクセスの煩わしさを解消することもできます。あなたが犬の歩行者または造園サービスを持っているならば、あなたが仕事や休暇で不在であっても、あなたはそれらの人々にあなたの家へのアクセスを与えることができます。

カスタマイズもスマートホームの大きなメリットです。利用できる製品が非常に多いので、あなたはあなたの個人的な好みにあなたの家を合わせることができます。すべてのスマートホームはその所有者と同じくらいユニークであり、可能性はあなたの想像力と同じくらい限られています。

最後に、スマートホームは一般的な家よりもアップグレードされたセキュリティ上の利点を提供します。家庭用カメラとドアベルカメラは、泥棒に侵入を試みることについて2度考えさせることができます。モーションセンサーとドア/ウィンドウセンサーは、気まぐれなティーンエイジャーが知らないうちに家を出るのを防ぐこともできます。

スマートホームの欠点

スマートホームを思い付く可能性のある小さな問題はほんのわずかであり、それらはすべて接続性に関係しています。

デバイスが誤動作したり、接続が失われたりすると、大混乱を引き起こす可能性があります。ネットワークは頻繁に失敗するため、スマートアイテムが機能しなくなった場合に使用できる代替の制御方法を検討することをお勧めします。幸い、これらの接続の問題は通常、一時的なものです。

関連:接続が失われたスマートライトスイッチを再接続する方法

スマートホーム入門

スマートホームのセットアップに興味がある場合は、いくつかの優れた製品を利用できます。ただし、ランダムな技術を購入する前に、インストールを計画することをお勧めします。多くの人にとって、スマートホームスターターキットは旅を始めるのに最適な場所です。これらのキットには、モーションセンサーやスマートプラグなど、深く潜る前に試すことができる多くの標準デバイスが含まれています。

スマート電球やサーモスタットなど、最も一般的な製品のいくつかをチェックすることもできます。また、あなたの創造性を始めるための安価なスマートプラグの多くの用途があります。ただし、お金を無駄にしないようにするために、購入する前にこれらのアイテムをどのように使用するかについていくつかのアイデアをブレインストーミングすることをお勧めします。

よりスマートな家はここから始まります

独自のスマートホームを構築することは、複雑で高価である必要はありません。最初にいくつかの製品を追加していくつかの実験を行うことで、はるかに高いレベルの利便性と快適さを提供する家への扉を開くことができます。スマートホームを構築することで、セキュリティ、カスタマイズ、柔軟性、満足度を向上させることができます。

また、あなたの家をスマートと見なすためにたくさんの製品を購入する必要はありません。 1つか2つで十分です。スペースを最大限にカスタマイズしたい場合は、このオプションも利用できます。