スマートアシスタントをハッキングすることはできますか?

スマートアシスタントは、近年ますます人気が高まっています。スマートホームをお持ちの場合は、多くのデバイスに音声起動の制御を提供できます。また、そうでない場合でも、それらを使用してほぼすべての質問に答えることができます。

ただし、スマートアシスタントのすべての利点について、すべての人がファンであるとは限りません。スマートデバイスで質問に答えたい場合は、聞くことができる必要があります。これにより、プライバシーに関する質問が発生します。

セキュリティに敏感な人々がスマートアシスタントについて尋ねるもう1つの質問は、誰かがスマートアシスタントをハッキングできるかどうかです。これに対する答えを見つけるために読み続けてください。

スマートアシスタントをハッキングすることはできますか?

すべての仮想アシスタントには、パスワード保護などのセキュリティ機能が備わっています。残念ながら、ハッキングはまだ可能です。そして、現在人々の家に何百万ものこれらのデバイスがインストールされているので、それらは魅力的なターゲットであり、あなたは自分自身を守るための措置を講じる必要があります

セキュリティの専門家は、適切なツールを使用すれば、攻撃者が同じ建物にいなくてもスマートアシスタントにアクセスできることも実証しています。

スマートアシスタントをハッキングするにはどうすればよいですか?

スマートアシスタントは、話しかける人なら誰でも制御できることがよくあります。このようなデバイスの所有者は、人間の声がこれまでにしか伝わらないため、通常これに満足しています。そして、誰かが自分のデバイスに何かをするように頼んだ場合、彼らはその要求を聞くことができます。

残念ながら、ハッカーには他のアイデアがあります。スマートデバイスに話しかけるのではなく、レーザーや超音波を使用することができます。また、これらのツールのいずれかを使用して、音声コマンドをサイレントおよび離れた場所から発行できます。

スマートアシスタントをハッキングする最も効果的な方法は、超音波を使用することです。超音波は無音なので、デバイスのすぐ隣に座っていても、ハッキングが発生していることに気付かない可能性があります。また、物理的な障害物を通過することもできます。つまり、人の家の外から感染する可能性があります。スマートアシスタントは、超音波と正当な音声コマンドの違いを区別できません。

レーザーを使用して、マイクに直接向けることでスマートアシスタントにコマンドを発行することもできます。レーザーはマイクのダイアフラムに小さな動きを引き起こします。そして、仮想アシスタントはこの動きを音として解釈します。

科学者たちは、この攻撃は110メートル以上離れた場所から実行できることを示しています。ハッカーは、人間の目には見えない紫外線レーザーを使用することもできます。

あなたは応答について疑問に思うかもしれません。コマンドの発行に使用されるものに関係なく、スマートアシスタントは明らかに音声で応答します。

残念ながら、ハッカーはこれを簡単に回避できます。彼らの最初のコマンドは、単に音量を下げることです。

ハッカーはスマートアシスタントで何ができますか?

ハッカーがもたらす脅威は、デバイスが何に接続されているかによって異なります。

アシスタントがセキュリティシステムに接続されている場合、ハッカーは理論的にはデバイスを使用して自宅にアクセスする可能性があります。多くのスマートロックでは、このシナリオを回避するために特にPINを提供するように求められることに注意してください。

アシスタントが車に接続されている場合は、ロックを解除したり、車を始動したりするために使用できます。また、アシスタントが支払いの詳細を知っている場合は、それを使用してオンラインで購入することができます。

一部のスマートアシスタントでは、音声コマンドを使用してアプリをダウンロードすることもできます。したがって、ハッカーは悪意のあるアプリをダウンロードして、個人情報を盗んだり、あなたをスパイしたりする可能性があります。

スマートアシスタントをハッカーから保護する方法

スマートアシスタントをハッカーから保護することは難しくありません。ただし、デバイスの有用性が低下する可能性があります。

デバイスを保護し、ハッカーがアクセスした場合の潜在的な被害を減らすための簡単な方法をいくつか紹介します。

マイクを隠す

レーザーでデバイスを制御するために、攻撃者は視線を必要とします。したがって、レーザーベースの攻撃は、デバイスを窓から遠ざけることで防ぐことができます。

マイクをオフにします

マイクをオフにすることは必ずしも実用的ではありませんが、家にいないときにオフにすることを検討してください。そうすれば、あなたが外出している間、誰もあなたのシステムにハッキングすることはできません。

音声認識をアクティブにする

一部のスマートアシスタントには音声認識が装備されています。可能な場合は、音声のみに応答するようにデバイスをプログラムします。これには、家のゲストからデバイスを保護するという追加の利点もあります。

すべてのデバイスに接続しないでください

スマートアシスタントは、照明やサーモスタットなどを制御するのに理想的です。ただし、重要なセキュリティデバイスや車への接続を再検討することをお勧めします。

スマートアシスタントを使用する必要があるデバイス、できればハッキングが発生した場合にセキュリティ上の脅威が少ないデバイスにのみ接続してください。

二次認証を追加する

スマートアシスタントに重要なものを接続する場合は、それらを制御するための要件を追加します。たとえば、スマートアシスタントがドアのロックを解除できるようにする場合は、ロックを設定して、スマートフォンからのPINも要求するようにします。

個人情報の共有を避ける

スマートアシスタントに個人情報提供ないようにしてください。このデータは、ハッカーや自宅のゲストからもアクセスされる可能性があります。

支払いをオフにする

多くのスマートアシスタントを使用して、オンラインでの購入や支払いを行うことができます。ただし、他の誰かがそれを使用して支払いを行おうとすると、デバイスがあなたを保護できない場合があります。この問題の最も簡単な解決策は、代わりに、より安全なチャネルを使用して購入を完了することです。

Wi-Fiを保護する

スマートデバイスを家に追加するたびに、Wi-Fiネットワークを保護することがさらに重要になります。スマートアシスタントは、強力なパスワードでWPA2接続を使用している必要があります。

関連: WEP、WPA、またはWPA2:Wi-Fiのセキュリティタイプを確認する方法

カスタムスマートアシスタントはより安全ですか?

誰かがスマートアシスタントをハッキングすることを心配している場合、1つの潜在的な解決策はあなた自身を構築することかもしれません。マイク付きのスマートアシスタントはハッキングされる可能性がありますが、カスタムバージョンにはセキュリティ上の利点があります。

カスタムスマートアシスタントは、通常のスピーカーのように見えるように設計できます。また、潜在的なハッカーが知らないカスタム音声コマンドを使用してコーディングすることもできます。

カスタムスマートアシスタントは、情報を保存する場所と共有する可能性のあるユーザーを正確に決定できるため、プライバシーの目的にも役立ちます。

スマートアシスタントを避けるべきですか?

スマートアシスタントはハッキングされる可能性があり、これはそのようなデバイスに関心のある人は誰でも知っておくべき脅威です。しかし、幸いなことに、これらのハッキングは非常にまれであり、大多数のユーザーはハッキングに遭遇することはありません。

コンピュータや電話をハッキングするのとは異なり、潜在的な被害を最小限に抑えることもできます。脅威を認識し、それを軽減するための措置を講じている限り、スマートアシスタントを所有していればリスクはほとんどありません。