ストリーミングはまだケーブルを殺していません、調査は見つけます

TiVo —はい、まだ問題です—は、2021年の第4四半期の「ビデオトレンドレポート」をリリースしました。米国とカナダの4,547人の成人を調査しました。

レポートには「大規模な再バンドルでバランスを見つける」と呼ばれるものは何もありませんが、2020年に向けて、厳選された人々がエンターテインメントの選択をどのように管理しているかについては興味深い見方です。 レポート全体を読む価値があります。ケーブルはまだあります。これまで以上に多くのストリーミングサービスがあります。そして、多くの人が彼らのコンテンツにお金を払っても構わないと思っていますが、無料の番組を提供する広告ベースのサービスはうまくやっています。

iPhoneでのTiVoビデオトレンドレポート。
Phil Nickinson / Digital Trends

これが私たちが見た主なポイントのいくつかです:

  • レポートには、回答者の年齢の内訳は示されていません。答えのいくつかは古く歪んでいるように見えましたが、それはただの直感です。それに応じて仮定を調整します。
  • 回答者は平均8.9のサービスを利用していました。
  • 調査対象者の4分の3は、実際にはケーブルまたは衛星を意味する「有料テレビ」にも加入しています。そして、それはいつもの容疑者でした— Comcast、AT&T、Charter、Verizon、Bell、Dish Networkなど。これらの有料テレビの顧客の9%はブロードバンドインターネットを持っていません。したがって、ストリーミングは確かに成長していますが、ケーブルや衛星に完全に取って代わるまでにはまだ長い道のりがあります。
  • 有料テレビを持っている74%のうち、10近くの異なるサービスが働いています。最も人気のある内訳には、Netflix、Amazon Prime Video(無料、購入、レンタル)、YouTubeの短いビデオも含まれていました。次に高いグループは、Disney+をミックスに投入しました。興味深いことに、AppleTV+はトップ10のどこにも見つかりませんでした。
  • 19%はすでに有料テレビを廃止しました。しかし、26%は、主にニューヨークまたはカリフォルニアでのコードカッティングから戻ってきました。 (特に大都市圏の場合は、選択肢が増える可能性が高くなります。)
  • ライブTVストリーミングサービス(vMVPD、または仮想マルチチャネルビデオプログラムディストリビューターとも呼ばれます)の加入者は、平均して月額55.65ドルを支払いました。これは、 Hulu WithLiveTVやYouTubeTVなどのサービスです。しかし、興味深いのは、平均価格がHuluやYouTubeTVに支払う最低額よりも安いことです。 Sling(月額最低$ 35)とPhilo(月額$ 25)が数学を引きずっていることが原因である可能性が高いことに注意してください。
  • 回答者の65%は、無料コンテンツの広告を喜んで見ています。これは、HuluやHBO Max(広告を削除するために追加料金を支払うオプションがあります)、Tubi、Pluto TV、Roku Channel、Peacock、Amazon Freevee(旧称iMDB TV)などのサービスに当てはまります。それがNetflixがいつか広告をサポートするバージョンを実行するかもしれないことを意味するかどうかはまだ分からない。
  • 75%が実際のテレビで見ることを好みました。そのグループのうち、72%が有料テレビを視聴し、別の49%がライブストリーミングを視聴していました。
  • 過去6か月間に購入した上位のスマートテレビ:Samsung(40%)、LG(17.5%)、Sony(9%)、TCL(6.5%)、Vizio(6%)、Hisense(6%)
  • 61%が専用のストリーミングメディアプレーヤーを所有しています。 RokuはAmazonFireTVを約31%から30%上回っています。 Apple TVは19%です。
  • 主に特定のプログラムを検索するために音声コマンドを使用するのは3分の1だけです。

したがって、ケーブルはまだここにあります。ストリーミングはまだ成長しています。そして、もしあるとしても、一方が他方を殺すまでにはしばらく時間がかかるでしょう。