スターライナーチームは、重要な宇宙ミッションが「打ち上げに行く」ことを確認します

NASAとボーイングは、CST-100スターライナー宇宙船の2回目の無人試験飛行の最終準備をしています。

水曜日の特別会議で、チームはスターライナーのミッションが5月19日に「打ち上げに行く」ことを発表しました。

スターライナー、私たちは打ち上げに行きます。

今日のフライトレディネスレビューでは、ボーイング、 @ NASA 、およびその国際的なパートナーが「ゴー」を発表しました。軌道飛行試験用-2。
NASA、 #OFT2の準備のために私たちと一緒に働いてくれてありがとう。

詳細: https//t.co/AsIXVDWQHn pic.twitter.com/DeiOdXFND9

—ボーイングスペース(@BoeingSpace) 2022年5月11日

「NASA​​とボーイングは、国際宇宙ステーション(ISS)で行われた飛行準備レビューでの丸一日のブリーフィングとディスカッションの後、国際宇宙ステーション(ISS)への無人軌道飛行試験-2(OFT-2)の計画を進めています。フロリダのセンター」とボーイングはウェブサイトの最新情報で述べた。

来週のミッションは、ソフトウェアの問題により宇宙船が意図した軌道に到達できなかった2019年12月にスターライナーをISSに送ることに失敗したため、多くのことがあります。昨年8月の2回目の飛行も、技術的な問題で打ち上げが進まなかったため失敗に終わった。

5月19日の夕方にユナイテッドローンチアライアンスアトラスVロケットの上にあるケネディ宇宙センターから打ち上げられた後、スターライナーは約24時間後にISSに到着します。ニューメキシコへのパラシュート支援着陸で地球に戻る前に、最大10日間ドッキングされたままになります。ミッションの一環として、宇宙船は宇宙ステーションとの間で数百ポンドの貨物を運びます。

ボーイングが次のテスト飛行でスターライナーカプセルの安全性と信頼性を証明できれば、NASAはSpaceXの成功したクルードラゴン宇宙船と一緒に宇宙飛行士の飛行に使用できる別の乗り物を手に入れるでしょう。

このミッションは、NASAのコマーシャルクループログラムの一部であり、宇宙機関が民間企業と協力して人間の宇宙輸送システムを開発および飛行することを含みます。

「現時点で最も重要なステップは、ランデブーナビゲーションシステムやNASAドッキングシステムなど、スターライナーの主要システムをテストするために、この軌道飛行テストを無人で飛行することです」と、コマーシャルクループログラムマネージャーのスティーブスティッチは水曜日に述べました。

スターライナーの問題のあるスタートに続いて前向きなメモを鳴らし、スティッチは次のように付け加えました。

今週初め、 ボーイングは、来週の打ち上げに備えて、スターライナーがアトラスVロケットの上に積み上げられるタイムラプスを共有しました