ゲームコンソールにウイルスはありますか?

私たちは皆、インターネットに潜むさまざまな危険性について知っています。怪しげなサイトにアクセスしたり、疑わしいリンクをクリックしたりすることについて、私たちは皆警告を受けました。マルウェアやその他のウイルスは、インターネットサーフィンに対するよく知られた脅威です。私たちは一般的にコンピューターやスマートフォンのような脆弱なデバイスについて考えますが、Webにアクセスするのはこれらだけではないことを忘れがちです。

最新のゲーム機には、私たちが使用するオンラインサービスがあります。私たちがサービスを使って友達と遊ぶか、インターネットブラウザを使うかにかかわらず、彼らはオンラインです。技術的には、オンラインのものはすべてウイルスの犠牲になる可能性があります。当社のオンラインコンソールはこれらのデジタル脅威の影響を受けやすくなっていますが、従来のコンピューターウイルスとは異なります。

ゲーム機はウイルスに感染する可能性がありますか?

簡単に言えば、はい、ゲーム機は脆弱です。インターネットにアクセスするものはすべて、悪意のあるソフトウェアに遭遇する可能性があります。ただし、コンピュータを攻撃するウイルスは、コンソールに影響を与えるウイルスと同じではありません。

ウイルスには、オペレーティングシステム(OS)と互換性のあるコーディングが必要です。各ゲーム機には固有のOSがあります。つまり、Nintendo Switch、Xbox One / Series X、PlayStation4 / 5はすべて異なるオペレーティングシステムで動作します。

ハッカーがコンソールを標的にする場合、コンソールごとに特定のコードを作成する必要があります。注意しないと、コンソールに感染する可能性のあるいくつかの異なるウイルスがあります。もちろん、これらのウイルスは、コンピュータが遭遇する悪意のあるソフトウェアの数に比べて比較的まれです。

コンソールウイルスがまれなのはなぜですか?

コンソール用のウイルスを作成することは、利益を生まないだけです。ハッカーは、あなたから何かを得られるように、あなたのデバイスに感染したいと思う傾向があります。オンラインでアップロードするすべての機密情報(銀行情報、連絡先、社会保障番号、IDなど)について考えてください。彼らがあなたのコンピュータから保存されたデータを取得できない場合、彼らはあなたのキーストロークを追跡するプログラムを作成するか、あなたにあなたの情報を与えるように強制するようなことをしようとするかもしれません。

ハッカーが利益を最大化するには、できるだけ多くの人にプログラムをダウンロードしてもらう必要があります。リーチを拡大するには、多くの人が定期的に使用するシステムをターゲットにするのが理にかなっています。コンピュータのオペレーティングシステムをターゲットにすることは、より理にかなっています。

ゲーム機は人気があるかもしれませんが、彼らの聴衆は、コンピュータを所有して定期的に使用するよりも膨大な数の人々と比較することはできません。人気のせいもあって、コンピュータシステム間にはすでに大きな違いがあります(Windowsコンピュータの数が多いほど、 Macはマルウェアに対して脆弱ではありません)。

デバイスあたりのユーザー数を無視しても、ゲーム機はターゲットとするプラットフォームとしてはあまり意味がありません。通常、携帯電話やコンピューターの場合ほど機密情報を入力することはありません。デジタルゲームの購入は、誰かがラップトップから行うオンラインショッピングや銀行取引の量とは異なります。

それを超えて、コンソールは、支払いの詳細以外の個人情報を実際に必要とすることはありません。ハッカーがあなたの身元を盗んだり、社会保障カードを手に入れようとしている場合、他のプラットフォームを標的にすることは理にかなっています。これは、コンソールウイルスが発生しないという意味ではありません。ゲーム機を標的とした悪意のあるソフトウェアが存在する可能性はありますが、それらに遭遇することはおそらくないでしょう。

ハッカーが時間とリソースを使ってプラットフォーム用のウイルスを作成し、収益が限られている可能性はほとんどありません。これは、ゲーム機を介して詐欺を受ける方法がないことを意味するものではありません。悪意のある個人があなたを悪用するためのプラットフォームとしてコンソールを使用する他の方法があります。

詐欺師があなたの機密情報を入手する方法はウイルスだけではありません。キャットフィッシングスキームは、ゲームプラットフォーム、特にフォーラムで一般的な策略です。人々は、欺瞞的なリンクやフィッシング手法を通じて人々を詐欺しようとします。オンラインゲームをプレイするときでも、常にインターネットの安全性を実践することを忘れないでください。

コンソールを正常に保つにはどうすればよいですか?

インターネットの安全性は、デバイスを正常でウイルスのない状態に保つための鍵です。次の基本的なヒントに従うことを検討してください。

  • 奇妙な友達のリクエストは絶対に受け入れないでください。ボットはオンラインゲームフォーラムでは珍しいことではありません。 PlayStation Networkを使用している人は、明らかに偽のアカウントからの友達リクエストに遭遇した可能性があります。知らない人をソーシャルメディアサイトに追加しないでください。
  • 疑わしいリンクは絶対にクリックしないでください。メッセージを開くことにした場合は、見知らぬ人から送信されたリンクをクリックしないでください。これらにはウイルスが含まれている可能性があります。
  • オンラインの人々に個人情報を提供しないでください。これはウイルス自体とはあまり関係がありませんが、これは重要な基本的なインターネットの安全性です。見知らぬ人にあなたの姓、住所、またはその他の機密情報を絶対に教えないでください。
  • ログインの詳細を共有しないでください。これは、ログイン情報に特に当てはまります。友達からでも、ログインの詳細は常に非公開にしてください。銀行情報からNintendoOnlineアカウントまで、すべての詳細は非公開にする必要があります。
  • バイヤーは注意してください。あなたにオンライン報酬を与えるためにあなたのログイン情報が必要であると主張するオンライン売り手を決して信用しないでください。これらの詐欺は、熱心なプレーヤーに自分のアカウントを引き渡すように仕向けます。アカウントを再度取得できたとしても、後でゲーム内の報酬のアカウントを奪って、後でリアルマネーで販売することがあります。
  • システムを最新の状態に保ちます。コンソールのカスタムオペレーティングシステムは無防備ではありません。潜在的な脅威は最小限ですが、ゲームシステムにはセキュリティ対策があります。壊滅的なウイルスの報告はありませんが、セキュリティ対策が進んだ場合に備えて、アカウントを最新の状態に保つことをお勧めします。

コンソールウイルスについて心配する必要がありますか?

コンソールがウイルスに感染する可能性はありますが、これは心配する必要はありません。ハッカーが効果的なウイルスをプログラムするには、多くの時間と労力がかかります。

したがって、ゲーム機以外の他のデバイスをターゲットにする方が理にかなっています。この原則は、オンラインコンソールを使用するときに注意する必要がないという意味ではありません。インターネットの隅々に危険が潜んでおり、オンラインゲームコミュニティも例外ではありません。