クリーンブートとセーフモード:違いは何ですか?

Windowsは、ファーストパーティのプログラム、サービス、ルーチン、およびサードパーティのツールを組み合わせたものです。この組み合わせにより、プログラムをインストールして実行するための安定したオペレーティングシステムが保証されます。

ただし、多数のプログラムとサービスが存在するため、ソフトウェアまたはハードウェアの競合のリスクが常にあります。

セーフモードクリーンブートは、これらの競合を解決するために使用できる2つのOSモードです。

クリーンブートとは何ですか?

クリーンブートは、その名前が示すように、サードパーティのツールやサービスがない状態でコンピュータを起動します。したがって、コンピュータは、バックグラウンドで実行されている重要なMicrosoftサービスのみで起動します。

基本的に、クリーンブートを実行すると、Microsoft以外のすべてのサービスが無効になり、競合の原因となっているサードパーティサービスを確認できます。この状態で起動すると、競合の原因となる可能性のあるプログラムを絞り込むことができます。

Windowsは、クリーンブート環境での起動には役立ちません。すべてのサードパーティサービスを手動で無効にする必要があります。

関連: Windows10でクリーンブートを実行する方法

セーフモードとは何ですか?

セーフモードは、必須ではないサービスやドライバーなしでOSを起動できるようにするWindowsのネイティブ機能です。 OSをセーフモードで起動すると、Windowsが機能するために必要のないすべてのサービスとハードウェアドライバーを無効にするようにWindowsに指示します。

セーフモードで起動すると、その速度が遅いことに驚かれるかもしれません。これは、セーフモードでは、ハードウェアアクセラレーションなどのすべての速度拡張も無効になるためです。したがって、セーフモードを使用する場合は、洗練されていない最低限のエクスペリエンスに備えてください。

関連: Windows10でセーフモードで起動する方法

クリーンブートとセーフモードの違い

表面的には、クリーンブートとセーフモードは非常によく似ています。どちらもサードパーティのサービスを無効にします。どちらのモードもMicrosoftサービスのみを実行します。また、両方のモードを使用して、競合を見つけて解決します。それで、それらは同じですか?

いいえ:セーフモードとクリーンブートは、異なるWindows環境を作成する2つの異なるモードです。

セーフモードは組み込みの機能です。つまり、手動で調整する必要はありません。あなたがしなければならないのはセーフモードを切り替えることだけであり、Windowsが残りを行います。

セーフモードの場合、Windowsには、無効にするサービスとルーチンに関する一連の事前にプログラムされた命令があります。そのため、Microsoftから直接提供されたものを含め、必須ではないすべてのドライバー、サービス、およびルーチンが無効になります。これは、セーフモードがファーストパーティとサードパーティの両方のサービスを対象とすることを意味します。

一方、クリーンブートは、Microsoft以外のサービスのみを対象としています。このモードでは、すべてのサードパーティサービスを手動で無効にします。

その結果、サードパーティによる調整がない環境になりますが、すべてのMicrosoftサービスが利用可能になります。

そのため、セーフモードでは、Microsoftが開発したものであっても、重要なドライバーの上に微調整が加えられていない場合、クリーンブートではサードパーティのサービスのみが削除されます。したがって、ハードウェアアクセラレーションのようなマイクロソフトの微調整はすべて、前者には存在せず、後者には存在します。

次に、セーフモードは、ハードウェアコンポーネントによって引き起こされる競合や問題を見つけて微調整するためのものです。これが、最も基本的なハードウェアドライバーのみがセーフモードで実行される理由です。

セーフモードでは、プログラムをインストールする機能も制限されます。そのため、一部のプログラムをインストールできません。

逆に、クリーンブートは、ソフトウェアの競合を特定して修正することを目的としています。したがって、すべてのハードウェアドライバが利用可能です。クリーンブート環境では、任意のプログラムをインストールすることもできます。

クリーンブートまたはセーフモード:選択はあなた次第です

クリーンブートはセーフモードと同じではありません。したがって、どちらを使用するかは、ニーズによって異なります。ソフトウェアの問題を解決したい場合は、クリーンブートを使用してください。ハードウェアの問題を修正する場合は、Windowsセーフモードを使用してください。

最後に、これらのモードは平均的なWindowsエクスペリエンスとは似ていないことに注意してください。足りないものがたくさんあります。必要な作業が完了したら、Windowsを通常モードで起動します。