ギガバイトの新しいAorusゲーミングノートパソコンはいくつかの深刻な力を詰め込んでいます

ギガバイトは、ゲーミングノートパソコンのAorusラインナップの拡張を発表し、Aeroクリエーターノートパソコンシリーズの新しいモデルを発表しました。

Aorus 17ゲーミングラップトップのアップグレードバージョンを含むすべてのシステムには、最新のIntel Alder Lakeモバイルプロセッサが搭載されており、Nvidiaグラフィックカードが追加されています。

ギガバイトは、更新されたAorus17ゲーミングラップトップを発表しました。

ギガバイトのAorusブランドの一部となる新しいゲーミングノートパソコンは、Aorus 17、Aorus 15、およびAorus 5です。特にAorus17は、「エクストリームゲーマー」を対象としており、そのコンポーネントは、それが正確な説明であることを示しています。 Intelの第12世代Corei7-12700Hプロセッサと、最大Nvidia GeForce RTX 3080 Ti16GBラップトップGPUが搭載されています。

CES2022で発表されたNvidiaのGeForceRTX 3080 TiラップトップGPUは、16GBの「ラップトップでこれまでに出荷された中で最速のGDDR6メモリ」を搭載し、最新のIntel Core i7CPUは45ワットのIntelCoreH シリーズをベースにしています。 14コアプロセッサ(6つのパフォーマンスコアと8つの効率コア)。

ディスプレイに移ると、Aorus 17は、4面ベゼルレス設計のゲーム用ディスプレイを利用したシリーズの最初の製品です。その結果、画面は画面と本体の比率が90%になり、画面の下端が30%減少します。 FHD 17.3インチのラップトップは、360Hzのリフレッシュレートと3ミリ秒の応答時間を備えています。

持ち運びに便利な薄型設計で持ち運びも簡単です。その他の仕様には、最大64GBのDDR5RAMと最大4TBSSDが含まれます。

一方、15.6インチのAorus 15ゲーミングノートパソコンは、前述の機能のほとんどを提供します。ただし、主な違いは、QHD165Hzディスプレイの形式で追加の画面構成が付属することです。

最後に、15.6インチのAorus 5ゲーミングノートパソコンは、市場の主流セグメントを対象としたシステムです。 CPUはIntelのCorei7-12700Hでありながら、Nvidia GeForce RTX 30708GBモバイルグラフィックスカードまで搭載できます。 FHD240Hzまたは144Hzディスプレイで利用できるようになります。 Aorus 15および17とは異なり、Aorus5にはDDR5ではなくDDR4-3200RAMが搭載されます。

ギガバイトの新しいAeroラップトップに関しては、これらのシステムは主にデザイナーとコンテンツクリエーターのために作成されました。そのため、Aero 5、Aero 16、およびAero17はすべて印象的なディスプレイを提供します。 Aero5には16:9 4K AMOLEDディスプレイがあり、Aero16は16:10UHD + AMOLEDディスプレイまたはQHD + miniLEDディスプレイのいずれかで構成できます。最後に、Aero 17は16:9 UHDminiLEDディスプレイを備えています。

パフォーマンスの面では、これらのラップトップは前屈みではありません。 Aero16とAero17はどちらも、最大でIntel Core i9-12900HKプロセッサーを搭載して注文できますが、Aero5は最大でIntelCore i7-12700HCPUを搭載できます。他の場所では、後者は最大Nvidia GeForce RTX 3070TiモバイルGPUで利用できます。一方、Aero16とAero17は、最大でより強力なGeForce RTX 3080Tiモバイルグラフィックスカードを使用して構築できます。

新しいAorusおよびAeroラップトップの発売期間と価格はまだ明らかにされていません。