イーロン・マスクがツイッターの従業員の半分を削減すると、レポートは言う

ツイッターの新しいオーナーであるイーロン・マスクは、会社の従業員を約半分に削減することを計画していると、インサイダーは水曜日にブルームバーグに語った。

報告書によると、同社の人員は 3,700 人削減され、約 3,800 人の従業員が業務を遂行するために残されます。影響を受ける従業員は金曜日に通知され、正確な退職条件はまだ確認されていませんが、60日間の退職金が与えられる可能性があると伝えられています.

情報筋はブルームバーグに対し、マスク氏と彼のチームがツイッターのコードへの貢献度に応じて従業員をランク付けした「一時解雇リスト」を作成したとブルームバーグに語った。

人員削減の動きは、マスク氏が会社の利益を押し上げる方法を模索している中、Twitter の運営費を削減するための取り組みの一環であるようです。

レイオフのニュースは、マスクがソーシャル メディア企業を 440 億ドルで買収する契約を結んだ数日後にもたらされました。会社のトップとしての彼の最初の行動の 1 つは、CEO と最高財務責任者、および取締役会全体を解任することでした。

サンフランシスコに本拠を置く会社で緊張を高める可能性が高い別の動きとして、マスクは、パンデミック中に導入されたTwitterのどこからでも仕事をするポリシーを終了すると予想されています.ブルームバーグ氏によると、一部の従業員には例外が設けられる可能性があるものの、従業員は仕事のためにツイッターのオフィスに出向かなければならないということです。

先月末のレポートによると、マスク氏は従業員の 4 分の 3 を解雇する可能性があります。差し迫った混乱により、一部の従業員は、従業員を削減する計画を「無謀」と説明する社内書簡を共有するようになりました。

大規模な人員削減は「公の場での会話を提供するTwitterの能力を損なう」と述べ、「この規模の脅威は無謀であり、プラットフォームに対するユーザーと顧客の信頼を損ない、従業員を脅迫する明白な行為です」と付け加えました。

この書簡は、新しい所有者に、現在のレベルのスタッフを維持し、リモートで作業する能力を含むスタッフの福利厚生を維持するよう求めました.ツイッターは、パンデミックの最盛期に、一部のスタッフは希望すれば「永久に」在宅勤務できると述べた.手紙には「Twitter ワーカー」と署名されていましたが、何人の従業員が名前を書いたかは不明です。

手紙で表明された嘆願は耳が聞こえなくなったように見えるため、Twitterの残りの従業員がどのように反応するかはまだ分からない.