インテルの次世代チップは、超高速の5.8GHzで動作する可能性があります

次のIntelフラッグシップCPUであるCorei9-13900Kは、クロック速度を本当に限界まで押し上げる可能性があります。新しい噂は、CPUがターボモードで最大5.8GHzを提供する可能性があることを示唆しています。

Intel Raptor Lakeについて詳しく知ると、CPUの可能な仕様を徐々に組み合わせることができます。

RPLは、12900KSによって作成された新しい最高周波数を超えます。
さらに2〜300MHzが可能です。

—ライチュウ(@OneRaichu) 2022年4月13日

Raptor Lakeと呼ばれる第13世代のIntelプロセッサは、AlderLakeと同じソケットを利用する予定です。ただし、これは驚くことではありませんが、可能な限りあらゆる方法でステップアップすることになります。噂のリリースはまだ数ヶ月先ですが、Intel自体はすでにチップについてかなりの部分を明らかにしています。

Raptor Lakeも、Alder Lakeのようなハイブリッドコアアーキテクチャに依存し、効率とパフォーマンスの入り江を組み合わせて提供します。第12世代と第13世代のCPUはどちらも、効率のバリエーションであるGracemont Atomコアを利用していますが、RaptorLakeのパフォーマンスコアはRaptorCove(AlderLakeのGoldenCoveではなく)として知られています。

Raptor Lakeを使用すると、効率的なコアの数が8から16に増え、コアの総数が24コアと32スレッドに増えます。それに比べて、Alder Lakeチップのコア数ははるかに少なく、フラッグシップのCorei9-12900KSには16コアと24スレッドが搭載されています。

Wccftechによると、多くの噂では、IntelがRaptorLake のキャッシュサイズを大幅に増やしていることも指摘しています。フラッグシップには、「ゲームキャッシュ」と呼ばれる68MBものキャッシュが必要です。キャッシュサイズの増加がゲームのパフォーマンスに大きな影響を与える可能性があることはすでに見てきましたが、Intel CPU(AMD Ryzen 7 5800X3D)には影響しません。チップはリリース前にすでにテストされており、そのゲームパフォーマンスは否定できません。

コア数とキャッシュサイズの増加は別として、今日の噂は、プロセッサの頻度の点で大幅な向上を示しています。 TwitterのOneRaichuによると、Raptor Lakeは、現在の主力製品であるCore i9-12900KSと比較して、最大200〜300MHz多くなる可能性があります。これは、Pコア(パフォーマンス)クロックを指します。

IntelRaptorLakeティーザースライド。
インテル

OneRaichuは、問題のプロセッサがCorei9-13900KなのかCorei9-13900KSなのかを明確にしませんでした。最近リリースされたCorei9-12900KSは、Pコアブーストクロックで最大5.5GHzであるため、それに300MHzを追加すると、印象的な5.8GHzになります。パフォーマンスコアの数は現世代から変わらない可能性が高いことを考えると、クロックにいくらかの電力を追加することは理にかなっています。

今後のRaptorLakeプロセッサは、間違いなく現在の世代のAlder Lakeよりも優れていますが、そのようなチップの電力要件について不思議に思うことはできません。 Intel CPUは、すでに非常に電力を消費しています。Corei9-12900KSは、最大ブーストクロックで実行するために260ワットの電力を必要としました。 Wccftechが指摘しているように、RaptorLakeがその数を最大300ワットにする可能性があると考えるのは異様なことではありません。

IntelとAMDの両方が今年新しいプロセッサをリリースする予定であるため、CPUショッピングにとってエキサイティングな時期になるでしょう。 IntelRaptorLakeとAMDRyzen7000は、今年の後半に店頭に並ぶ可能性があります。