すべてのMacは、6月までにスピーディーなAppleシリコンチップを搭載する可能性があります

Appleは、すべてのMacコンピュータを独自のAppleシリコンチップに移行するプロセスの途中です。現在、あるレポートによると、同社は「早ければ6月にWWDC2022で」移行全体を完了することができます。

この主張は、記者のマーク・ガーマンが最新のPowerOnニュースレターで行ったものです。 WWDCは、AppleのWorldwide Developers Conferenceであり、同社が今後のハードウェア製品を頻繁に発表するショーです。実際、Appleが2020年6月にAppleシリコンプロジェクトを最初に発表したのはWWDCであったため、移行が完了したことを宣言するのは適切なイベントです。

これまでのところ、AppleはMacBook Air、 MacBook Pro 、および24インチiMacでAppleシリコンチップを発売しています。そのため、まだ切り替えが行われていないMacがいくつか残っています。MacMini、Mac Pro、およびより大きなiMac(復活したiMac Proであることが判明する可能性があります)。

ガーマンのニュースレターは、次のMac Pro内のチップは現在のモデルよりも小さく、最大40個のCPUコアと最大128個のGPUコアを備えていると付け加えてます。これは、彼が過去に主張した2つのことです。このチップは、今年のMacBook Airのリフレッシュで見られる新しいM2ではなく、最新のMacBookProのM1ProおよびM1Maxチップに基づいています。

ガーマン氏はニュースレターを投稿して以来 、ツイッターで、アップルシリコンを搭載したMac ProがWWDCで発表されることを期待しているが、実際には年内に発売されることはないと明言している。同じことが当てはまるだろうかどうかはまだはっきりしないのMac Miniと大きなiMacのか、彼らは代わりに正式ショーで発表されますか。

ガーマンは彼のニュースレターで他のさまざまなMacの主題にも触れました。一つには、彼は読者にAppleの将来のM2チップに興奮しすぎないように警告しました。これは、2020年に発売されたM1チップよりも「わずかに高速」で、CPUコア数は同じですが、GPUが9または10コア。 M1チップは2022年でも見事に機能するため、わずかな増加は必ずしも悪いことではありませんが、M2が奇跡を実行することを期待しないでください。確かに、Gurmanは、iPhoneが毎年取得するチップアップデートと同様にそれを見るように読者にアドバイスしています。

また、Appleが取り組んでいると言われている噂の外部モニターについても話し合われた。 2021年12月、Gurmanは、Appleが4,999ドルのApple Pro DisplayXDRの半分の価格になる可能性のあるディスプレイに取り組んでいると報告しました。ガーマン氏はニュースレターの中でその考えを繰り返し、2022年に発表されることを期待していると述べています。

そうは言っても、Gurmanが、これらの打ち上げは「早くも6月」に発生する可能性があると述べていることは注目に値します。これは、後で発生する可能性があることを意味します。それでも、年末まで遅れる人もいるとしても、2022年はAppleにとっては混雑した年になる可能性があり、Appleユーザーにとっては本当に素晴らしい年になるでしょう。