さらに4つのOfficeアプリでイマーシブリーダーを使用できるようになりました

MicrosoftのImmersiveReaderは、テキストファイルの読み取りに非常に役立ちます。同社は現在、この機能をさらに4つのOfficeアプリに導入して、手間をかけずにテキストを読むことができるようにしています。

没入型リーダーのしくみ

イマーシブリーダーは、読みたいテキストを除いて、画面から不要なアイテムをすべて取り除きます。それはあなたがそれが話している各単語を強調するためにあなたのためにあなたのテキストを声に出して読むことさえできます。

これにより、ファイル内のテキストを非常に簡単に読み取ることができます。

没入型リーダーがさらに4つのOfficeアプリに移行

Microsoftは最近、 教育ブログで、ImmersiveReaderのサポートをさらに4つのアプリに導入することを発表しました。

公式発表は次のとおりです。

Immersive Readerが、PowerPoint for the web、OneDrive、SharePoint、MakeCodeを含む4つの追加のMicrosoftアプリとサービスに展開されることを発表できることを嬉しく思います。これにより、この強力なリテラシーツールをさらに多くの場所に提供するアップデートが設定されました。

お気づきのとおり、PowerPoint、OneDrive、SharePoint、およびMakeCodeは、この機能を利用するアプリです。

Officeアプリでの没入型リーダーの使用

イマーシブリーダーは、特に最も必要なアプリの領域で利用できるようになりました。

Web上のPowerPoint

PowerPoint for the Webには、イマーシブリーダーをトリガーできる2つの領域があります。

まず、スライドからイマーシブリーダーを開くことができます。これは、スライドのテキストを読むのに役立ちます。

次に、イマーシブリーダーが各スライドのメモセクションに追加されます。このように、スライドに加えて、カスタムノートの機能を有効にすることもできます。

共有ポイント

SharePoint Pagesは、ページのコンテンツを読みやすくするためにImmersiveReaderを取得しています。

マイクロソフトはこれをテストするために昨年秋に社内ハッカソンを行いましたが、うまくいったようです。

OneDrive

OneDriveのイマーシブリーダーを使用すると、Word文書やその他のテキストファイルのテキストをはるかに簡単に読むことができます。

関連: Windows10のOneDriveのクイックガイド

この機能のオプションがOneDriveのメインメニューに追加され、機能に簡単にアクセスできるようになりました。

MakeCode

イマーシブリーダーの統合により、MakeCodeのアーケードチュートリアルとプロジェクトの詳細を読みやすくなりました。チュートリアルが全画面表示になり、テキストの各ビットに集中できるようになります。

より多くのOfficeアプリで簡単にテキストを読む

Immersive Readerでファイル内のテキストを読みたい場合は、さらに4つのOfficeアプリでそれを行うことができます。これにより、これらのアプリでの読書体験が確実に向上します。