これらのコマンドを使用して今日Arduinoボードをプログラミングする方法を学ぶ

組み込みハードウェアのコーディングを学ぶには、通常、何年もの正式な教育が必要です。関連する電子機器を十分に理解することに加えて、マイクロコントローラのプログラミングには、高度なコーディング知識が必要です。

幸いなことに、Arduinoボードはプロセス全体をはるかに簡単にします。 Arduino IDEおよびArduinoコーディングライブラリを使用してプログラム可能なすべてのボードが利用可能です。

このチートシートは、Arduinoボードのプログラミングを開始するために必要な基本的なコマンドのいくつかに役立ちます。

無料ダウンロード:このチートシートは、配布パートナーのTradePubからダウンロード可能なPDFとして入手できます。初めてアクセスするには、短いフォームに記入する必要があります。 Essential Arduino Commands Cheat Sheetをダウンロードしてください。

基本的なArduinoコマンド

Arduino IDEツールバー
確認コードをスキャンし、エラーを報告します
アップロードするコードをコンパイルし、USB経由でArduinoボードにアップロードします
新着空白のArduinoスケッチを開きます
開いた保存したスケッチのリストをファイルブラウザで開きます
保存する現在のスケッチを保存します
シリアルモニターシリアルモニターを新しいウィンドウで開きます
Arduinoプログラムの構造
void setup(){}起動時に1回実行
void loop(){}継続的に実行
組み込みのArduino関数
ピン設定
pinMode(PIN_NUMBER、INPUT / OUTPUT) PIN_NUMBERの位置にあるピンをINPUTまたはOUTPUTに設定します
pinMode(PIN_NUMBER、INPUT_PULLUP) Arduinoボードの組み込みプルアップ抵抗を使用して、PIN_NUMBERの位置のピンを入力に設定します
digitalRead(PIN_NUMBER) PIN_NUMBERで入力を読み取り、1または0(HIGHまたはLOW)を返します。
digitalWrite(PIN_NUMBER、VALUE)デジタルピンPIN_NUMBERに1または0(HIGHまたはLOW)の値を書き込みます
analogRead(PIN_NUMBER)アナログピンPIN_NUMBERを読み取り、0〜1023の整数を返します
analogWrite(PIN_NUMBER、VALUE) PIN_NUMBERのPWMを使用してアナログ出力VALUEをエミュレートします(注:ピン3、5、6、9、10、および11でのみ使用可能)
analogReference(DEFAULT)デフォルトの基準電圧を使用(ボード電圧に応じて5Vまたは3.3V)
analogReference(内部)内部基準電圧を使用(ATmega168 / 328pの場合は1.1v、ATmega 32U4 / 8の場合は2.56)
analogReference(EXTERNAL) AREFピンに印加される電圧を電圧リファレンスとして使用します(注:0〜5Vのみ)
時間関数
millis() Arduinoスケッチが符号なし長整数として実行され始めてからの時間をミリ秒単位で返します
micros() Arduinoスケッチが符号なし長整数として実行を開始してからの時間をマイクロ秒単位で返します
遅延(整数)プログラムの実行をINTEGERミリ秒遅らせます
delayMicroseconds(INTEGER)プログラムの実行をINTEGERマイクロ秒遅らせます
数学関数
min(i、j) 2つの値iとjの最小値を返します
max(i、j) 2つの値iとjの最大値を返します
abs(i) iの絶対値を返します
罪(角度)角度のサインをラジアンで返します
cos(angle)角度の余弦をラジアンで返します
日焼け(角度)角度のタンジェントをラジアンで返します
sqrt(i) iの平方根を返します
pow(ベース、指数)基数を指数に累乗します(例:pow(2、3)== 8)
constrain(i、minval、maxval)値iをminvalとmaxvalの間で制約します
map(val、fromL、fromH、toL、toH) valをある範囲から別の範囲に再マッピングします
ランダム(i) iより小さいランダムな長整数を返します
ランダム(i、j) iとjの間のランダムな長整数を返します
randomSeed(k)値kを使用して、random()関数をシードします
鋳造
(タイプ)変数変数の値を新しい型にキャストします
シリアル通信
Serial.begin(speed)指定速度でシリアル通信を開始
Serial.end()シリアル通信を閉じる
Serial.print(DATA) DATAをシリアルポートに出力します。 DATAは、文字、文字列、整数、浮動小数点数にすることができます
Serial.available()シリアルバッファーで読み取ることができる文字数を返します
Serial.read()シリアルバッファーの最初の文字を読み取ります(データが利用できない場合は-1を返します)
Serial.write(DATA) DATAをシリアルバッファに書き込みます。 DATAは、文字、整数、または配列にすることができます
Serial.flush()送信通信が完了すると、シリアルバッファをクリアします
サーボ(#include Servo.hタグ)
サーボmyServoタイプServoの変数myServoを作成します。
myServo.attach(PIN_NUMBER)場所PIN_NUMBERのピンにmyServoを関連付けました
myServo.write(angle) myServoに接続されたサーボに0〜180度の角度を書き込みます
myServo.writeMicroseconds(uS)マイクロ秒単位の値をmyServoに接続されたサーボに書き込みます(通常、1500を中点として1000から2000の間)。
myServo.read()サーボの現在の角度を0〜180の整数で返します
myServo.attached()サーボがピンに接続されている場合はtrueを返します
myServo.detach()接続されたピンとmyServoの関連付けを解除します
myServo.detach()接続されたピンとmyServoの関連付けを解除します

Arduinoでさらに作成する

あなたが初心者の場合、コードはかなり圧倒的に見えるかもしれませんが、これらのコマンドは、ほとんどのArduino初心者プロジェクトを開始するのに十分です。

何を求めている? Arduinoボード選択して、独自の組み込みハードウェアを作成するための学習を始めてください!