あなたのYouTubeビデオのための10のスタイリッシュな背景のアイデア

YouTube動画の作成には非常に多くの要素が含まれているため、それらの一部を中途半端に実行したり、完全に見落としたりするのは簡単です。これらの要素の1つは背景であることがよくありますが、修正するのは簡単です。

背景スタイルの重要性と、それらを実行することの容易さと手頃な価格について説明します。また、次のYouTube動画のスタイリッシュな背景のアイデアをいくつか提案します。

スタイリッシュな背景が必要な理由

あなたの視聴者は主にあなたとあなたのコンテンツのためにあなたのビデオを見ますが、ビデオの視覚的要素はあなたが思っているよりも重要です。人々は自分が見ているものを楽しみたいと思っています。そうしないと、クリックする可能性が高くなります。

スタイリッシュな背景により、視聴者は美学をブランドに関連付けることができ、最終的にはあなたをより認識しやすくし、ビューを向上させることができます。また、制作に力を入れていることを知らせ、コンテンツクリエーターとしての信頼を高めることができます。これにより、オンラインで忠実なフォロワーを獲得し、維持することができます。

関連: YouTubeチャンネルを開始しますか?正しく理解するために必要な基本

背景スタイルは、コンテンツの制作価値を高めるツールと考えてください。動画のスタイルを設定するだけでなく、コンテンツのジャンルを補完して、視聴者がチャンネルの丸みを帯びた絵を描くのに役立ちます。

スタイリッシュな背景を取得する方法

背景にこれほど重点を置くと、不安になるかもしれません。YouTuberは、動画の作成に関係する他の多くの要素ですでに手一杯になっています。しかし、背景は通常、予算にやさしく、設定が簡単です。

スタイルの大部分は、印刷または緑色の画面で実現できます。したがって、背景にレンガの壁を組み込みたい場合は、録音設定全体を実際のレンガの壁の前に移動する必要はありません。紙や布のシート、または緑色のスクリーンシートでフィルムに印刷し、編集時にレンガを追加するだけです。

関連:グリーンスクリーンとは何ですか?どのように機能しますか?

市場には多種多様なシートデザインがあり、一部の企業では独自のシートデザインをカスタマイズすることもできます。バックグラウンドサポート構造が理想的ですが、バックグラウンドサポート構造がなくても、代わりに高強度テープまたは接着剤を使用できます。

あなたのYouTubeビデオのための10の背景スタイル

YouTubeの背景に最適なスタイルのいくつかを次に示します。

1.単色

単色は、優柔不断またはせっかちなYouTuberに最適です。背景にそれほど力を入れたくないのであれば、無地で間違いはありません。あなたがする必要があるのはあなたのブランドを最もよく表す色を選ぶことです、そしてその強さと明るさに注意を払うことを忘れないでください。

2.オンブルカラー

オンブルカラーは、外出したくない人にとってもう1つの安全でシンプルな選択肢です。 2つ以上の色が含まれ、次から次へと徐々にブレンドされるため、単色よりも魅力が増します。このオプションを使用すると、ブランドのカラーパレットをもう少し表現することができます。

3.レンガの壁

レンガの壁のプリント(またはオプションの場合は実際のレンガの壁)は、非常にスタイリッシュな背景になります。レンガは洗練さと素朴な美学を兼ね備えており、さまざまなスタイルに取り入れることができます。レンガの色、形、質感、サイズにはさまざまなものがあるため、ブランドを引き立てるレンガのデザインを見つける必要があります。

4.木製パネル

木製のパネルは、もう1つの優れたスタイルの選択肢です。上品ですが、寒すぎず、ミニマリストでもありません。パネルのサイズやレイアウトも大きく異なるため、木材は任意の色で塗装できます。パネルには、木材にいくつかの欠陥がある場合もあります。これにより、印刷した場合に、よりリアルに見えるようになります。

5.キラキラ

キラキラの背景は、輝きを愛するYouTuberに最適です。印刷することはできますが、実際の取引ほど翻訳されません。簡単に背景に変身できるキラキラ生地(通常はスパンコールをメッシュに縫い付けたもの)を販売している店があります。キラキラ生地は透けて見える傾向があるので、その後ろに別のシートを置く必要があるかもしれません。

6.パターン

繰り返しのパターンは、芸術的なタッチを見て、追加するのに非常に満足しています。サイズ、形、色、複雑さには無限のバリエーションがあるため、ストライプなどの単純なパターンに固執するのがおそらく最善です。これにより、背景に飲み込まれたり、視聴者の気を散らしたりすることがなくなります。

7.本棚

本棚は、その外観に応じて、さまざまな美学に組み込むことができます。白い棚は現代的なスタイルでうまく機能しますが、暗い森は暗い学界の美学を生み出すことができます。もちろん、実際に本棚を購入する必要はありません。印刷するだけです。このようにして、棚の本やデコをカスタマイズすることもできます。

8.新聞

新聞の山があり、壁の1つに接着剤を塗っても構わないと思っている場合は、これを印刷する必要はありません。新聞の美学は、プリントがあまりにもカラフルでない限り、ヴィンテージの雰囲気を放ちます。

9.グラフィティ

あなた自身がグラフィティアーティストでない限り、背景にグラフィティを使用することは、アーティストの作品を宣伝する絶好の機会です。手動でシートにペイントするか、デジタルで印刷することができます。これはあなたのビデオに組み込むための魅力的なアートフォームであり、選択できるグラフィティスタイルには非常に多くの種類があります。

10.壁の装飾

壁を飾ることは、背景に複数の要素を含めてテーマを作成するのに最適な方法です。フレーム、鏡、ビニールレコード、ポスターなど、壁に上がる可能性のあるものなら何でも考えてみてください。釘や接着剤に犠牲を払っても構わないと思っている壁がある場合、それは最もカスタマイズ可能なタイプの背景の1つです。

YouTubeの背景でスタイリッシュに

スタイリッシュな背景は、ビデオ制作の他のコンポーネントと同じくらい重要です。手頃な価格でセットアップが簡単なので、持っていない理由はありません。次のビデオでここにリストされているスタイルの1つを試すか、それらのいくつかを組み合わせて、コンテンツの全体的な制作価値が高まるのを見てください。