Covid、イタリアで見つかった新しい患者1。 2019年11月にすでにポジティブ:それはそれが誰であるかです

「人間にSars-CoV-2が存在するという最初の記録された事例は、2019年11月にさかのぼります」。これは、ミラノ州立大学のRaffaele Gianottiが調整した国際的な研究から明らかになったものです。彼は、2019年秋の皮膚生検を分析し、唯一の症状として現れた若い患者のSars-Cov-2ウイルスを「発見」しました。 2019年11月の皮膚病。

2019年11月にさかのぼる若い女性の生検(メモを報告)は、皮膚組織の2つの異なる技術(免疫組織化学とRna-Fish)によって特定されたSars-CoV-2ウイルスのRNA遺伝子配列の存在を示しました。比喩的に言えば、Covid-19の「指紋」が皮膚組織で見つかりました。 「ミラノ地域のCovid-19患者の皮膚症状を研究した後、ミラノ大学の皮膚病理学者であるRaffaeleGianottiとCàGrandaFoundationOspedaleMaggiore Policlinico di Milanoは説明します。私は、顕微鏡下で行われた非定型皮膚疾患の生検を再検討しました。正確な診断ができなかった2019年末に」。写真の後に続く

また、「過去に検索を行ったのは、すでに国際的なジャーナルに掲載されている作品で、このパンデミックにおいて、Covid-19感染の唯一の兆候が皮膚の病状である場合があることを示したからです。公式に認められた流行段階が始まる前に、皮膚疾患のみの患者の皮膚にSars-Cov-2が存在するという証拠を見つけることができるかどうか疑問に思いました。」写真の後に続く

「若い女性の場合、イタリア診断センターの病理解剖学研究所の責任者であるジョバンニ・フェレガラは説明します。私たちの研究所で実施された免疫組織化学的調査によって、汗腺にウイルス抗原が存在することを示すことができました。」次に、このデータは、欧州腫瘍学研究所(Ieo)で実施されたRna-Fish技術で同定されたウイルスRNAの同じ遺伝子配列構造の発見によって確認されました。写真の後に続く

{loadposition intext}
「Sars-CoV-2ウイルス配列の存在は、2019年の組織学的準備において、また皮膚症のみに苦しんでいるがCovid-19感染の全身症状がない、2020年の6人の患者においても、量的にも不足していることを示しました」とディレクターのMassimoBarberisは付け加えます組織病理学的および分子診断のIeo臨床ユニットの。遡及的に連絡をとった患者は、Covid-19感染の全身症状がないこと、5か月後の皮膚病変の消失、および2020年6月の末梢血における抗Sars-CoV-2抗体の陽性を報告しました。世界の文献のデータに基づくと(専門家は続けます)、これは人間にSars-CoV-2ウイルスが存在することの最も古い証拠です。この研究は、British Journal ofDermatologyに掲載されました。

Adnkronosによるカフェイン

(wwwa.adnkronos.it)

あなたは興味があるかもしれません: 「使い果たされた線量」。 Covidワクチン、地域は警報を発します:「キャンペーンを止めてください」。何が起こっている

Covidの記事は、イタリアで新しい患者1を見つけました。 2019年11月にすでにポジティブ:これはCaffeinaMagazineの人です。

(出典)