30歳の母親が新生児をはさみで殺す:「私も彼を飼うことができなかった」

恐ろしい話は、ミコライブ州の首都であり最大の中心地であるウクライナ南部にある約50万人の住民が住む町であり、住民数で9番目のウクライナの都市であるミコライブから来ています。絶望の物語だけでなく、誰もが困惑している前例のない暴力の物語。 30歳の女性、アナスタシア・スコリチェンコは、出産の瞬間まで妊娠を秘密にしていました。

すでに二人の女の子の母親である女性は、この息子をサポートするために彼女がどのようにできるかを知りませんでした。それで、彼は極端で取り返しのつかない決定を下しました。そして、彼の凶悪な計画を実行に移しました。彼女が夜に収縮を感じ始めたとき、30歳はベッドから出て、誰にも警告せず、邪魔されずに行動するためにバルコニーに行きました。そこで彼女は出産し、はさみを取りました。 (写真の後に読み続けてください

アナスタシア・スコリチェンコははさみで最初に臍帯を切り、次に左手で生まれたばかりの息子の口を覆い、誰も彼の悲鳴を聞かないようにしました。直後、同じはさみで、彼はそれを殺すまで、腹部のその小さな生き物を22回叩きました。赤ん坊を殺した後、女性はそのボロボロになった小さな体をプラスチックの袋に入れ、家の近くのゴミ箱に投げ入れました。 (写真の後に読み続けてください

事件は先週、7歳と4歳の2人の娘と祖母が寝ていた夜に起こった。翌朝、救急車と警察を呼んだ女性が、赤ちゃんの死体が入った封筒を見つけました。アナスタシアはエージェントから質問を受け、殺人の数時間後、すぐに彼女の罪を認めました。このため、彼はペナルティ割引を受けました。 (写真の後に読み続けてください

手続き中に、子供は健康であり、恐ろしい刺し傷で死亡したことが立証されました。また、母親は障害やうつ病に苦しんでおらず、理解して欲しがっていて、実際に殺人を計画していたことも立証されました。したがって、アナスタシア・スコリチェンコは、自分の息子の計画的な殺害で有罪判決を受けました。地元メディアの報道によると、女性は2年間の刑務所で奉仕しなければなりません。

「私は彼なしではいたくない」。彼は11歳の息子を殺し、自分を撃ちます

30歳のお母さんが新生児をはさみで殺すという記事「私も彼を飼うことができなかった」CaffeinaMagazineからのものです

(出典)