“楽しかった”。アメデオゴリア、午後5時のマリアモンセの熱い啓示

アメデオゴリアの物語については多くのことが言われています。ジャーナリストの女性への情熱を最後に認めたのは、娘のグエンダでした。最近、マリア・モンセとの浮気が表面化した。「映画の撮影(州のナポリで撮影)中に、私たちが約2か月間一緒に働いたという事実を利用して、彼女は私に礼儀を言った」と女優は明らかにした。本名はマリア・コンセッタ・ラ・ロサ。
エピソードは、主人公マリアとの映画「アンナレ」のシーンが撮影されていた1998年にさかのぼります。

この映画には、ジジ・ダレッシオとファビオ・テスティも登場し、アメデオ・ゴリアはダレッシオのエージェントを演じました。 「私はランタンの女性​​と呼ばれていました。モンセは言います。ホテルを離れることは一度もありませんでした。アメデオと一緒に魚ベースのディナーに出かけたのは一度だけでした。彼はとても親切でした。彼は私のガイド、私のコンパスのビットでした:家から2ヶ月は非常に重かったです」。しかし、本当のエピソードは夕食のエピソードではありません。それはすべてエレベーターで起こりました。写真の後に続く

「エレベーターの中で、1階と2階の間で、部屋に戻って、彼は私を抱きしめてキスしようとしました。通りすがりに彼は私にキスをした。そして、これは私がまだそれが言うところに保つというメモを正当化します: 'もう一度キス、永遠に良い人生。アメデオ '。ここ?今日だけでなく、午後5時の後半にあるBarbara d'Ursoは、ゴシップについて話したいと思っていました。 Amedeo GoriaやMariaMonséなど、多くのゲストがこのトピックについて話すよう招待されました。写真の後に続く

新しいことを言ったマリアは、「いいことが起こった…彼はとてもロマンチックな男だ…彼は私の部屋にデイジーを送ってくれた。平凡な赤いバラではない…」と彼女は言った。しかし、ロベルト・アレッシはすぐに床に着き、自分の冗談を言いました。実際、ノヴェッラ2000誌の人気編集者は、笑顔で率直に言った。写真の後に続く
{loadposition intext}
「はい。ロベルト・アレッシはここで止まらず、ボールを取り、エレベーターでキスをして爆弾に戻り、彼女もそれを利用したかどうか尋ねました。そして後者は、非常に率直に、「ええ、私は楽しんだ…」と答えました。

あなたは興味があるかもしれません: 「このように生きることを余儀なくされた」。リカルド・グアニエリは男性と女性に戻り、打撃を沈めます:それはアイダ・プラターノとの彼の共存の間に起こりました

「楽しかった」という記事。アメデオゴリア、午後5時のマリアモンセの熱い啓示はカフェイナマガジンから来ています。

(出典)