最初に爆発、次に火災:2階建ての家が倒壊します。死んだ男、彼のパートナーはまだ瓦礫の下にある

トスカーナのメディアが語った恐ろしいニュース記事。私たちはフィレンツェからすぐのところにあります。正確には、キャンティの風景を通り抜けるシエナとフィレンツェを結ぶキャンティギアナ通りにある、市内の小さな町、グレーベインキアンティにあります。ここ、ボルゴ・ディ・ドゥッダでは、爆発とその後の火災で家が破壊されました。瓦礫の下で行方不明になった2人のうちの1人が死んでいるのが発見されました。

犠牲者はプラートの59歳の居住者です。消防士は同じく59歳の仲間を探して瓦礫を掘り続けています。明らかになったところによると、夫婦は最近家を購入し、引退後しばらく過ごすつもりでした。キャンティ・パオロ・ソッタニのグレーベ市長もその場に到着しました。敷地内の消防士とカラビニエリに加えて、118人の医療従事者もいます。

キャンティの家の爆発で重い

最初の調査では、家の爆発はガス漏れが原因である可能性があることが明らかになりました。学んだことによると、夫婦は何人かの隣人が報告したことをチェックするためにダッダに到着しました:建物から来るガスの強い臭い。

キャンティの家の爆発で重い

キャンティの家の爆発で重い

ライトがオンにされたとき、それが爆発とその後の火災を引き起こした可能性があることは除外されていません-同じ情報源を説明してください-。 2階建ての建物は完全に崩壊しました。知られていることから、2人は、プラートに何年も住んでいた後、引っ越すために、キアンティのグレーベの集落にあるその農家を購入しました。

キャンティの家の爆発で重い

男は引退したばかりだったので、すぐにそこへ行きました。彼らは新しい家でいくつかの仕事をし、ちょうどそこに住み始めました。今朝8.20に彼らは車で到着し、駐車して家に入る時間でした。それから爆発。家には瓦礫だけが残っていた。彼の体は回復した。 59歳の彼女のために、研究が進行中です。

あなたも興味があるかもしれません: 「終わりのない願い」。誕生日アル・バーノ、ロミナが最初ですが、ロレダナ・レッシソの反応はすぐです。ああ!

記事最初に爆発、次に火:2階建ての家が崩壊します。一人の死者、まだ瓦礫の下にいる仲間カフェイナマガジンから来ています。

(出典)