“思ったよりも早く”。コロナウイルス、イタリアの第二波への恐怖。状況

コロナウイルス、邪魔する最新ニュース。 Il Messaggeroへのインタビューを発表したパドヴァ大学の微生物学教授である有名なAndrea Crisanti教授の発言の後、私たちはそれを学びました。専門家は彼がイタリアと国境を接する国で発見されたウイルスに対する陽性の新しいケースの増加について心配していると言います。

「私たちに近い国の数を見ると、想定されていた10月〜11月ではなく、すでに8月末にコロナウイルスに問題が発生すると思われます。まず第一に、いくつかの疑問も生じます。イタリアでは、他のヨーロッパ諸国よりも症例がはるかに少なく、おそらく適切な人を拭いていません。」 (写真の後に読んでください。)

クリサンティ教授はさらに次のように付け加えます。「しかし、私は必ずしも悲観的になることを望んでいません。ただし、他の国とのデータの違いの理由を知っておくと役に立ちます。とはいえ、今日の275件のケースでさえ数は少ないわけではありません。」繰り返しになりますが、予防は、ウイルスを根絶するか、少なくともウイルスの蔓延を防ぐための武器となる可能性があります。 (写真の後に読んでください。)

「国境で綿棒を実施できるようにするための実際の予防装置を組織するために、おそらく危険な地域から来た者に焦点を当てて、重要な投資を行う必要があります。 24時間待つ必要がある場合でも、最も信頼できる分子スワブを考えます。さらに、イタリアに入る人には、実際の追跡アクションが必要です。 (写真の後に読んでください。)

そして、ウイルスの可能性の高い波に焦点が当てられていることは明らかです。「それを2番目の波と呼べるかどうかはわかりませんが、夏の終わりが非常に忙しいことは明らかです。たぶん8月下旬」国境管理が増加していることを示す教授の言葉は、「まず第一に、イタリアに入国する人々の経路追跡システムを実装しようと思います。これが最初です。そしてタンポン。一方、2つのことがあります:バブルで自分を閉じますが、不可能であるか、タンポンを作成するために情報技術と機械に前例のない投資を行うか、ウイルスに感染した人物を特定できるようにする技術に投資する必要があります。 。それは多額の費用がかかりますが、前に述べたように、いつロックダウンに費用がかかるかを常に覚えておきましょう。」

ディスコで病気になり、デボラは友達の目の前で死ぬ:役に立たない助け

「予想より早く」という記事。コロナウイルス、イタリアの第二波への恐怖。状況Caffeina Magazineから来ています。

(出典)