彼は家に帰り、コビッドと契約した後に病院から脱出した彼の10歳の息子を殺します

コビッドに陽性で、病院から脱出し、家に帰り、10歳の息子を殺します。ポーランド出身の44歳のミルコ・トンコフが10歳の息子を殺害し、妻に重傷を負わせた罪で拘留されているビテルボ県のキュラディヴェトラッラでの家族の悲劇。

悲劇は、11月16日火曜日の午後4時直前に小さな町TusciaViterbeseのStradoneLuziで起こりました。地元の新聞によると、警報は実家のガス漏れが原因で発生した。

Vetrallacovidが病院を脱出し息子を殺す

ヴェトラッラ、父は家に帰って息子を殺す

その場で到着したビテルボの消防士は悲劇的な発見をしました。 10歳の小さなマティアスは母親の体の横に死んで横たわっていた。女性は数回の打撃で負傷し、現在深刻な状態にあります。 44歳の女性は、家族の問題について予備調査の裁判官によって出されたアプローチを禁止しました。

Vetrallacovidが病院を脱出し息子を殺す

ミルコ・トンコフは、コビッドで陽性反応を示したため、ローマの病院に入院していましたが、キュラ・ディ・ヴェトラッラに到着するために出かけていました。子供は喉にいくつかの刺し傷を負って殺され、地元の新聞の再構成によると、後に夫に殴られた母親が子供の体を発見した。カラビニエリ、科学警察、地元警察、118、そしてビテルボ分遣隊の消防士が悲劇の現場に介入した。

「私たちの小さな仲間の市民の一人が殺害されたというニュースを知るのは、深い悲しみです。 -ヴェトラッラ市長のサンドリーノ・アクイランティは書いた-マティアスはたった10歳で、不可解にも彼の死を発見した。私たちを驚かせ、ショックを与え、この非人間的な理解の瞬間に、地上の正義がその道を進むのを待っているという話は、私たちを反省、回想、そして祈りに導くに違いありません。

が家に帰って10歳の息子を殺したという記事は、 Covidと契約した後に病院から脱出したもので、CaffeinaMagazineからのものです

(出典)