彼はパートナーを殺し、彼女の臓器を取り外し、バルコニーから身を投げます。 「彼はコロナウイルスを恐れていた」

最初に彼はパートナーを殺し、それから彼自身を虚空に投げ込みました。ポルティチのカラビニエリは、昨日夕方遅くに起こった殺人自殺の原因の理由をこれらの時間に再構築しています。 65歳のGiovanni Fabbrocinoは、パートナーのMaria Adalgisa Nicolai氏(59歳)に、おそらく包丁を使った打撃を加えた後、4階にある自宅のバルコニーから自分を撃ちました。

男性は無職でしたが、女性はもともとサンセヴェリーノルカーノ(ポテンツァ)出身で、ナポリ大学「フェデリコII」農業省の食品科学および技術の尊敬される研究者でした。ふたりは、不安定ながらもポルティチの町の中心部にあるViaLibertàの216番の家に住んでいました。ファブロチーノには明確な犯罪歴があり、両者の間には明らかな問題はありませんでした。昨日、隣人は二人の議論を聞いたが、悲劇的な結末を想像することはできなかった。 ( 写真の後に続けます

カラビニエリは午後8時頃に電話を受け、Fabbrocinoが窓から飛び出して一瞬で死にました。軍は研究者に連絡を取ろうとしたが、答えは得られず、ドアを強制した消防隊に連絡した。家では恐怖:血の湖の中で地面に横たわっている女性の体、命を落としています。マリアアダルギサには多数の腹部の傷と重度の頭部のあざがありました。最初の再建によると、男性は最初にパートナーをハンマーまたは他の鈍い道具で叩き、次にナイフで彼女を攻撃し、胸と腹の多数のスリットで彼女を負傷させました。男がバルコニーから身を投げ出す少し前に死が起こりました。 ( 写真の後に続けます

救済の過程で身も凍るような細部が浮かび上がりました。実際、男性は女性の腹部を開いて包丁でいくつかの臓器を切除したでしょう。この凶悪な身振りの理由は理解されていませんが、ファブロチーノは最近、パートナーがコロナウイルスの緊急事態を過小評価していたと非難し、男性は文字通り恐怖に陥ったと思われます。しかし、そのようなエピローグを事前に予告したものは何もなかったので、夫婦は研究者の出身地の村で何日も待っていて、そこで彼らは彼女の家族に届くはずでした。

「それから彼らに彼らを食べさせた…」。双子の殺人、両方の剖検はそれを明らかにする

記事は彼女のパートナーを殺し、彼女の臓器を取り外し、バルコニーから身を投げます。 「彼はコロナウイルス怖がっていた Caffeina Magazineから来た

(出典)

Facebookへのコメント