市内の災害、巨大な割れ目が数十の家を飲み込みます:少なくとも1人が死亡、負傷、行方不明

街のほとんど終末論的な風景。信じられないほどの裂け目が開き、その大部分を飲み込んでいます。地滑りは昨夜ちょうど4時ごろに起こった。予備情報によると、少なくとも1人が死亡した。完全に圧倒されて水没した家が何十もあり、他の家も同じ目的に直面する危険にさらされています。犠牲者に加えて、信じられないほどのエピソードは、さらに9人の負傷をもたらしたでしょう。

安全を守るために避難を余儀なくされた150-200人の市民。救助隊が撮影した画像は本当に気がかりです。また、電話に出られずに行方不明になる住民もたくさんいます。非常に正確な情報はまだ提供されていないため、検索する対象の正確な数は不明です。事件直後、消防士、救急車、警察の車両が動員され、できるだけ多くの命を救った。 (写真の後に続く)

ヘリコプターの助けも基本であり、それは何人かの人々を困難に救った。壊滅的な亀裂は、首都オスロから40キロ離れたViken郡のAsk aGjerdrumの町の近くのノルウェーで発生しました。その地域に住んでいた人々の何人かは、救急車の使用のおかげで病院に移されました。 AndersØstensen市長もこの問題について話し、状況を劇的であると率直に定義しました。 (写真の後に続く)

近くの退職後の家からの何人かの患者も避難しました。地滑りの主な原因はまだ正確に解明されていませんが、過去にも同様の地滑りが発生しているため、珍しいことではありません。一部のノルウェーの地質学者も災害の現場にいて、明確にしようとしています。誰もが驚きました。実際、誰もそのような災難を予期していませんでした。居住者からの衝撃的な証言。 (写真の後に続く)

74歳のラグナー・ゴルナー氏はノルウェーのマスコミに次のように語っています。 。私は事実上地滑りの端にいて、警察の指示に従ってすぐに立ち去りました。」

32歳の医者であるシルビアは病院に行き着きます:家に帰る途中で彼女は死にます

記事「都市の災害、巨大な割れ目は何十もの家飲み込んでいます:少なくとも1人の死者、負傷者、行方不明者CaffeinaMagazineから来ています。

(出典)