刑務所から:5000人の受刑者のための利益「Covidのおかげで」

コロナウイルスは何百万人ものイタリア人の生活を混乱させてきました。しかし、パンデミックの多くの結果の中には、ほとんど焦点を当てていないものがあります。刑務所のウイルスについて話しましょう。現在、囚人と刑務所警察官の両方で350人が感染しています。これらは実際の発生ではなく、明らかに対策が適切に適用されています。しかし、セル内のスペースが限られていることを考えると、状況はすぐに悪化する可能性があります。

このため、前回の閣僚会議では、伝染を制限する決定がなされました。 5000人の受刑者は彼らが刑務所を去ることを可能にする特別な許可から利益を得るでしょう。そのうちの2000はすでにセミリリースされており、刑務所に戻らずに家にいて眠ることができるようになります。さらに、彼らの独房を離れて家の逮捕の期間を過ごすことができるであろう3000人の一般的な受刑者がいます。 (写真の後に読み続けてください

これは刑務所人口全体の10%未満ですが、特に誰について話しているのでしょうか。法律は、18か月以内の刑に処せられた囚人に対して、電子ブレスレットの義務を伴う在宅拘留を規定しています。アルフォンソ・ボナフェデ大臣自身、マフィア、テロ、腐敗、交換投票、性的暴力、家族の虐待、ストーキングで有罪判決を受けた人々はこの機会を享受できないと発表しました。 (写真の後に読み続けてください

さらに、新しい規則は、刑務所での暴動の主人公になった人、昨年懲戒処分を受けた人、規定が施行された後、暴動、暴動、暴動の責任を負う人には適用されません。半解放された囚人に関しては、彼らは予想される最大よりも長い期間、そして12月31日まで許可を享受することができます。これは、刑務所の内外で他人に感染するのを防ぐためです。 (写真の後に読み続けてください

「これらは重要でバランスの取れたルールであり、法務次官のアンドレア・ジョルジスの言葉です。セキュリティ要件を損なうことなく、感染が広がるリスクを減らすのに役立つことを願っています。」しかし、囚人の国家保証人であるマウロ・パルマは、コビッドとの戦いのために、さらなる努力を求めています。

コロナウイルス、いくつかのイタリアの刑務所で暴動。死者がいます。状況

記事「刑務所から:5000人の収容者への利益」「Covidのおかげで」CaffeinaMagazineから来ています。

(出典)