修道院の泥棒、しかし金庫の中の修道女の苦い驚き:「私たちは彼らのためにそれを残しました」

泥棒は、コドーニョの礼拝堂の娘である研究所の修道女の修道院に入りますが、金庫の中には衝撃的な「驚き」があります。泥棒のグループがロンバードの村の修道院を狙った時でした。ロンバードの村は、Covid-19に対する最初の陽性例で今では誰もが知っています。

ガブリエラ姉妹は、コリエーレデラセラとのインタビューで何が起こったのかを説明しています。「泥棒が私たちから盗むようになったのはこれが初めてではありません。しかし、私たちは金庫を使用していません」と、ソルフェリーノ経由で新聞に修道女を説明しました。

コドーニョ、泥棒修道女安全チケットあなたの人生を変える

修道院の泥棒、金庫の奇妙な発見

したがって、尼僧が泥棒に悪ふざけをするという考えは、金庫を開けて現金を見つけることを確信しました。犯罪者たちはコドーニョの礼拝堂の娘である研究所に入り、長い仕事の後、彼らはなんとか金庫を開けることができました。金庫が開けられると、泥棒は何かを見つけましたが、彼らが望んでいたものではありませんでした。

コドーニョ、泥棒修道女安全チケットあなたの人生を変える

中には修道女たちが書いたメモがありました。そしていま…"。 「彼らはすでに私たち、犯罪者から盗むために現れていました。 -ガブリエラ姉妹は言った-それで、私たちは金庫を使わないので、招かれずに私たちを訪ねることを選んだ他の人に貴重なアドバイスを残すことにしました。

金庫の中では、泥棒はマドンナとフクロウの画像も見つけました。おそらく尼僧のしぐさでイライラして、泥棒は2つの部屋に入り、2枚の羽毛布団を盗みました。ジェスチャは、シスター・ガブリエラが皮肉を込めてコメントしました。「彼らも寒かったことがわかります」。

修道院の泥棒の記事ですが、金庫の中には修道女たちの苦い驚きがあります。「私たちは彼らのためにそれを残しました」CaffeinaMagazineから来ています。

(出典)