中毒リスク、食品はスーパーマーケットから即座に撤退

中毒リスク、ニュースは公式です。 EsselungaとConsiliaが配布した豆類とシリアルのスープのバッチにボツリヌス菌が含まれている疑いがあるため、保健省はこの製品の魅力を広めました。具体的には、アレッサンドリア県のボルゴサンマルティーノにあるSalmazza 7を経由して工場でZerbinatiが製造したスープで、常にバッチ番号20〜113のEsselungaおよびConsiliaブランドで販売されています。しかし、それだけではありません。また、2ロットのタレッジョが撤回されました

セルビナティブランドスープの310グラムの部分だけでなく、有効期限が01/06/2020、コンテリアブランドの620グラムの部分も、エッセルンガブランドの場合は有効期限が5月20日です。指定されたバッチ番号の製品を既に購入しているお客様は、購入販売店に返品するように求められます。詳細については、エッセルンガカスタマーサービス(フリーダイヤル800-666555)にお問い合わせください。 (写真の後に読んでください。)

些細なことではありません。実際、ボツリヌス中毒症は、ボツリヌス菌が産生する毒素によって引き起こされる麻痺性疾患であり、植物由来の製剤によく見られます。したがって、公衆衛生上の緊急事態であると同時に、食品安全の問題でもあります。ボツリヌス中毒症はあらゆる年齢の個人に影響を与える可能性があり、人から人へ伝染することはありません。 (写真の後に読んでください。)

症状は、通常12〜36時間の外観であっても、服用後6〜15日で感じることができます。それは、曇りや視力の倍増、さらには動きの困難さ、口内の乾燥、嚥下の困難につながる可能性があります。回復が非常に遅い。 CademartoriブランドのTaleggio Dopの2つのバッチも撤回されました。後者の中で、カルフールとコープは、この場合、自己管理で検出されたリステリア菌による汚染の疑いについての言及を広めました。 (写真の後に読んでください。)

含まれる製品は200グラムのパックで配布され、有効期限19/06/2020のLA0403 200126および有効期限20/06/2020のLA0603 200127のロットの一部です。回収されたタレッジョチーズは、レッコ県のイントロビオにあるヴィットリオヴェネト13経由の工場でエジディオガルバニSrlが製造しました(識別マーク:IT 03 137 CE)。また、この場合も、指定されたロット番号の製品を購入販売店に返品する必要があります。または、フリーダイヤル800 199048にお問い合わせください。

「おめでとうございます!」ソニア・ブルガネッリは皆を激怒させる:新しい写真の下の妄想

中毒のリスク、スーパーマーケットからすぐに取り下げられる食品は、 Caffeina Magazineから来ています。

(出典)

Facebookへのコメント