マスク、「6月28日から停止」。確認はありますが、いくつかのケースでは必須のままです

最後に、屋外マスクに関する待望の決定が過去数時間で行われました。少なくとも閉鎖された場所や混雑した場所にいない場合は、この義務を取り消す可能性の最後の期間に主張があり、技術科学委員会はその同意を与えました。その後、このニュースは保健大臣のロベルト・スペランツァによって公式に確認されました。ロベルト・スペランツァはまた、廃止の正確な日付に関する疑念を完全に解消しました。

数日前、7月15日にマスクに別れを告げると言われました。他のヨーロッパ諸国も同様の措置を講じているため、この選択は郵便の返還によってもたらされます。私たちの国でも、非常に複雑な月を経て、人口をもう少し正常に戻すために時間を短縮することを目的としています。しかし、マリオ・ドラギ首相が率いる幹部は、市民への信頼の合図を与えて、時代を予測することを決定しました。

オープンマスクイタリア廃止決定6月28日ホワイトゾーン

これは、Facebookのソーシャルプロファイルに投稿されたSperanzaによって確認されています。「6月28日から、屋外の白いエリアでマスクを着用する義務を克服しますが、常にCTSによって確立された予防措置に準拠しています」。したがって、屋外にいて人ごみがないときは、マスクの着用は必須ではなくなります。しかし、政府の指数が言ったように、尊重されるべきいくつかの兆候があります。私たちが話していることを一緒に見てみましょう。

義務によるマスク6月28日ゾナビアンカ

これは技術科学委員会によって推奨されているものです。「CTSは、6月28日から始まる現在の疫学シナリオでは、ホワイトゾーンのすべての地域で、いわゆるホワイトゾーンの強制使用を克服するための条件があると考えています。集会の条件が作成される状況(市場、見本市、行列など)を除いて、オープン時のマスク。そのような状況が発生したときにいつでも着用できるように、人々は常にマスクを携帯しなければならない」と述べた。

CTSは、屋外でのマスクの使用について次のように結論付けました。「マスクの使用は、脆弱で免疫抑制された被験者とその周囲の被験者に強く推奨されなければなりません。既存のプロトコルに従って、ヘルスケア環境で常に着用する必要があります。公共交通機関のすべての手段でマスクを着用する義務は常に維持されなければなりません」。

記事マスク、「6月28日から停止」。確認はありますがCaffeinaMagazineからのものである場合もあります。

(出典)