パリ、テロの悪夢が復活:元チャーリーヘブド本部の外を刺された

パリは再びパニックに。 4人が刺されました。バスティーユからそれほど遠くない場所で行われた攻撃のようです。警察の介入が進行中です。攻撃は、チャーリー・ヘブド新聞の元本部からさほど遠くない大通りのリチャード・レノア地区で起こりました。ニュースは警察のツイートの後に発表され、その内容には細心の注意が必要です。

実際には本当の警報の叫びのように聞こえる警告。パニックは4人の刺し傷の後にパリに戻ります。反テロ警察は、ツイッターの公式声明を通じて、この地域、つまり大通りのリチャード・レノワールから離れて、チャーリー・ヘブド新聞の本部からそれほど遠くないように住民を遠ざけるように勧めています。攻撃の発生時に、いくつかの目撃者がいました。 (写真の後に読みます)。

刺された4人のうち2人は重傷を負ったと伝えられている。これが今までのバランスです。ダイナミックは攻撃者が通りすがりで襲い掛かるのを見ました。男性はナイフやマチェーテで武装しており、そのエピソードによりニコラアパート通り周辺の地域全体が孤立しました。学校やオフィスでさえ現在はアクセスできず、完全に装甲されています。そして攻撃の現場でも疑わしいパッケージ。 (写真の後に読みます)。

それで、テロ対策警察と爆弾部隊の両方が即座に介入した。同時に、存在する一般市民から貴重な証言が収集されます。彼の声明をフランスのメディアに公表した目撃者の言葉から、女性の存在、すなわち「私は悲鳴を聞いた、私は窓の外を見て、若い女性を見た」が浮上します。 (写真と投稿の後に読みます)。

目撃者からBFMTVに渡された話はかなりタイムリーなようです。女性は重傷を負ったように見えました。それは古いチャーリー・ヘブド本社の建物から来ました。その間、フランスのジャンカステックス首相はこれが武力攻撃であることを認め、調査を迅速に継続するよう求めています。

ショック介護者:年配の女性から70万ユーロ、家、宝石を差し引きます。それから彼はそれを火葬しました

記事「パリ、テロの悪夢」が復活しました。チャーリーヘブドの本部の外を刺されたのは、 Caffeina Magazineです。

(出典)