コロナウイルスに好意的なバーリはレストランに出向き、「仕事を失うのを恐れていた」

この苦々しい話の主人公は、コロナウイルスに陽性で無症候性の、バリ出身の21歳です。診断されたにもかかわらず、若者は仕事に出かけたが、仕事を失うことを恐れて強制されたと感じたと主張した。 Covid-19で肯定的で無症候で仕事に出かけたとき、彼の発疹の選択の正当化は「仕事を失うことへの恐れ」によって動機付けられました。この事件は現在、検察補佐官のマルチェロ・ケルシアによって調査されており、その間、少年は検疫義務の違反で起訴されている。 21歳のバーリからの罰だけでなく、同僚や雇用主に対して綿棒を使ったASLがレストランの一時的な閉鎖を命じた可能性があります。 (写真の後に続きます)

バーリは5月29日以降、自分の状態をすでに認識していたため、同居している家族全員とは孤立しているはずでした。過去数日間、財務の担当者は自宅でチェックを行い、全員が検疫体制を尊重していたことを確認しました。この時期、金融関係者は、21歳以外の家族全員がそこにいることを発見しました。調査が始まり、発見は一般的な想像力からそれほど遠くありませんでした。黄色の炎は月曜日の朝に彼を仕事に見つけました。最初の検査から、彼の同僚は、コロナウイルス陽性である少年の診断に気づかなかったように思われるでしょう。 21歳の顧客が顧客と連絡をとっていなかったであろうということが好ましい面です。 (写真の後に続きます)

昨日6月3日水曜日以降、国土全体の地域間の境界にある南京錠が取り除かれました。コロナウイルスが家を離れないという「絶対的な禁止」の肯定的な結果が依然として効力を持っているので、明らかに分離の義務を負った市民にとって。呼吸器感染症と発熱の明らかな症状があり、温度が37.5°Cを超える人にも禁止が付与されます。この場合も、自宅に留まり、社会的連絡を最小限に抑え、医師を更新する義務があります。基本的な健康状態の。」

25歳のソフィア、ブリアンツァで運転中の酔っぱらいに襲われ殺された

コロナウイルスに肯定的なバーリの記事はレストランで働きます:「私は自分の仕事を失うことを恐れていました」Caffeina Magazineから来ています。

(出典)

Facebookへのコメント