コロナウイルス、5月4日以降も自己認証:だからこそ

「今、ウイルスとの共存の段階は誰にとっても始まります。フェーズ2では、伝染曲線が国の一部の地域で上昇する可能性があることを認識しておく必要があります。リスクはそこにあり、私たちはそれを系統的かつ厳密に直面させなければなりません。これらは、夕方に封鎖からの段階的撤退のための新しい措置をとって新しいDpcmに署名したジュゼッペコンテ首相の言葉です。この規定は、次の5月17日まで有効です。

「この計画は5月4日から始まり、十分に構造化され、明確に記述され、よく考えられています。予防策を講じ、保護具を使用する必要があります。マスクの価格を落ち着かせるために、注文によってArcuri委員が介入します。歪みを望まず、公正な価格を求めます。 VATを完全に排除するという政府の強い決意があり、サージカルマスクの価格は約0.50になるはずです。 (写真の後に続きを読む)

「証明された仕事の必要性または必要な状況または健康上の理由により動機付けられた旅行のみが許可され、少なくとも1メートルの組み立ておよび対人距離の禁止が尊重され、街路保護が使用される場合、親族に会うための旅行は必要と見なされます呼吸。」 (写真の後に続きを読む)

「いずれにせよ-テキストを読む-証明された仕事上の必要性を除いて、すべての自然人が公共または民間の輸送手段によって、現在いる地域とは異なる地域に移動または移動することは禁止されています、緊急性の高い、または健康上の理由から。いずれの場合も、自宅、自宅、または居住地への戻りが許可されます。 (写真の後に続きを読む)

{loadposition intext}

「旅行制度が制限されたままである場合、自己証明が排除される可能性が低いことは明らかです。制限がある限り、残るだろう」と述べ、4月26日の記者会見でジュゼッペ・コンテ首相は説明した。

「美容院なしで2ヶ月間」。 「新しい」ミリーカールッチは自分を見せることを恐れません:口を開いている全員

コロナウイルスの記事、5月4日以降でも自己証明:それCaffeina Magazineによるものです。

(出典)