コロナウイルス、死者数は減少しました:それは封鎖の開始以来最低です

いつも午後6時頃と同様に、市民保護局は5月16日土曜日にイタリアでコロナウイルス緊急事態に関するデータを載せた会報を発行しました。過去24時間で153人が亡くなり(昨日は242人の犠牲者が出ました)、合計で31763人が死亡しました。共和国の報告によると、これは3月8日日曜日、国の封鎖が始まった日以来記録された最低数です。 。その日以降、毎日の犠牲者は170人未満になり、今日は153人になりました。回復した人は122810人に達し、24時間で2605ユニット増加しました(昨日は4917人が治癒したと宣言されました)。

新しい市民保護速報のデータも入院中の人々の減少を報告しています。集中治療では、今日775人がおり、昨日より33人少ない。 10400人はまだ症状で入院しており、昨日より392人少ない。自宅での隔離では59012人(昨日と比較して-1458人)。過去24時間に検出された新しい感染は875(昨日789)でしたが、患者(つまり、現在陽性の人々)の増加は-1883ユニット(昨日は-4370でした)に等しかったです。 (写真の後に続きます)

一方、イタリアは、人々の間の距離や閉ざされた場所でのマスクの使用など、すでに確立されているルールを順守しているにもかかわらず、再び出発する準備をしています。 5月18日(月)から、同じ地域の領域内の人々の移動は制限されなくなります。したがって、居住地域にある場合、別荘への旅行に制限はありません。自己認証は、別の地域に移動したい人のために残りますが、「深刻なビジネスニーズ、絶対的な緊急性、または健康上の理由」のためだけです。 (写真の後に続きます)

AdnKronosによって報告されたように、それはいずれにせよあなたの家、家または住居に戻ることを許可されています。また、「医療機関での回復または入院の評価まで、Covid-19ウイルス陽性であると保健当局が規定した検疫措置の対象となった人々の自宅または住居からの移動の禁止」目的のための別の構造」、政府を続けています。 (写真の後に続きます)

{loadposition intext}
そして、3月18日に地域が再開する準備ができている場合、6月3日以降、イタリアの国境は区別も検疫も自己証明もなく、すべてのEU市民に再開する必要があります。代わりに、欧州連合以外の国に対しては閉鎖されたままになります。イタリアと他の8つのEU加盟国の外相が月曜日にテレビ会議で会合し、観光を再開するために、国境を段階的に再開するための調整プロセスを開始します。

成熟度、公式になりました:Azzolina大臣からの確認

コロナウイルスの記事、死者数は減少しました:ロックダウンが Caffeine Magazineから来ているので、それは最低です。

(出典)

Facebookへのコメント