コロナウイルス、新しい法令:距離とマスク。変更点は次のとおりです

コロナウイルスの封じ込めに必要な規則の拡張を伴う首相の新しい法令。来週採用されるdpcmは、現在有効なガイドラインを実質的に確認するものであり、マスクを着用する義務の更新は当然のことと考えられています。

8月1日にスペランツァ大臣が署名した命令では、8月15日まで保護装置の使用が必要です。
コルディレッティ/イクセの調査に反映されるであろう決定によると、4人に1人以上のイタリア人(27%に相当)は、伝染病の危険を気にせず、パンデミックによって課される安全対策を尊重せずに、マスクを着用しないか、ほとんど着用しません。 。 (写真の後に続きを読む)

市民の大部分がマスクに対して「アレルギー」になったとしても、イタリア人の32%はまだいます-コルディレッティは続けて-それを頻繁に使用することを宣言していますが、44%は特に休日にそれを着用しています。旅行者にとって、都市で通常起こることよりも大きな注目を集めている事実。 (写真の後に続きを読む)

8月中旬まで、オフィス、ショッピングセンター、電車、船、ショップ、クラブなど、一般にアクセス可能なすべての閉鎖された場所でマスクを着用する義務。他のすべての商業活動だけでなく、アートギャラリーや美術館、劇場、映画館でも同様です。電車、バス、地下鉄についても同様です。ただし、働く従業員の場合、マスクは必須であり、削除することはできません。 (写真の後に続きを読む)

{loadposition intext}

しかし、まだ決定が下されていなかったとしても、新しい拡張機能がすでに開発段階にあります。昨日厚生労働大臣のロベルト・スペランツァが採用した条例は、「公共の場所にアクセスできる屋内の場所で、輸送手段を含め、いかなる場合でも距離の維持を継続的に保証することが不可能な場合でも、マスクを着用する義務を確認しています。安全性"。

"うん!"。結局それはしました。俳優と赤ん坊の恋人が結婚した:彼らの間の32年間の違い

コロナウイルスの記事、新しい命令:距離とマスク。 Caffeina Magazineからの変更点次のとおりです。

(出典)