コロナウイルス、元MPスベルナ:「80歳から取られた酸素のおかげを除いて」

2013年にシビックチョイスで商工会議所に選出された前副議長のマリオスベルナは、ブレシアの病院に住んでいたCovid-19患者としての過去について語りました。 「マントヴァ出身の84歳の酸素ボンベのおかげで安全です。 3月11日、私たちはCovid部門として使用されているCivilランドリールームに30名でいました。酸素ボンベは3つしかありませんでした。トイレも毛布も毛布もない地獄。私がよく知っているブルンジのいくつかの病院よりも悪い。」コリエール・デッラ・セラにインタビューされたマリオ・スベルナは、最初の症状の出現から回復が成功するまで、病気の経過に関連する脳卒中をどのように非難したかを詳細に語りました。 (写真の後に続きます)

コロナウイルス、元スベルナ副首相:「80歳から取り除かれた酸素のおかげを除いて」

3月7日に始まった試練の最初の疑わしい症状の出現:「私の肺と喉が燃えていて、39で熱があり、抗生物質注射にもかかわらず、私は改善しませんでした」とマリオ・スベルナは言います。彼の一般開業医の監督下で、3月11日、彼はブレシアの病院に行くことを決めました。そこで、彼は「地獄の4日間」に苦しんだと主張します。 「私は死にかけていると思っていました。妻と5人の子供を見ることはもうありませんでした。私たちは30人の病気で、酸素ボンベは3つしかありませんでした。私の隣には、人工呼吸器に取り付けられたマントヴァ出身の84歳の男性がいました。彼は孫にサラミとリゾットを作るために家に帰るのが待ちきれなかったと私に言った。ある夜、事態はさらに悪化し、彼らは彼を救急車に乗せ、私に彼のボトルをくれました。 (写真の後に続きます)

コロナウイルス、元スベルナ副首相:「80歳から取り除かれた酸素のおかげを除いて」

スベルナの苦しみの声明のなかでも、特にそうする人もいます。 「それから私は冷たい犬を覚えています。ドアは常に大きく開いていました。彼らは私たちに言った「空気は循環しなければならない」。しかし、毛布はありませんでした。食べ物はありませんでした。看護師の聖人たちは通り過ぎて、クラッカー、ブレッドスティック、ヨーグルトの小包をくれました。私のように赤痢や嘔吐を患っていた多くの病気の人のためのバスルームは1つしかありませんでした。 Covidの時代は言うまでもなく、平穏な時代でも恥ずべき状況での入浴。彼らは化学トイレも追加しなかった。」

マリオ・スベルナは、著名人格としての立場を考えれば、優遇措置を求める誘惑に負けていません。 「私は健康の専門家によってなされた恐ろしい選択のおかげでのみ安全です:若者に生存の機会を与えること。私は59歳で、私の側の長老は4分の1世紀年上でした。しかし、まったく下がらなかったことが1つあります。私はひどく飽和しましたが、医療記録に報告されたデータは、ベッドの下部にある表で毎日報告されたものとは異なります。前述の「地獄の4日間」の後、元副大統領スベルナは病棟に移送された。

コンテ:「数週間の懸命な犠牲の後、私たちは笑顔に値します」

記事コロナウイルス、元副スベルナ:「80歳から取り除かれた酸素のおかげではない」は、 Caffeina Magazineからの記事です。

(出典)

Facebookへのコメント