コロナウイルス、ラツィオの他の2つの陽性症例。カンパニアの13

フィウミチーノに住む女性の夫と子供の一人は、感染したためローマのスパランツァーニに入院し、コロナウイルスの最初の検査でも陽性でした。これは、今日の会報で説明している同じローマの病院によって伝えられました。 「予防措置として、スパランツァーニは昨日の夕方遅くに家族全員を入院させました。現在までに行われた最初の検査は、女性の夫と2人の子供のうちの1人に対して陽性です。

次の数時間で、可能な確認のテストが実行されます。 Spallanzaniによると、女性が陽性であると認められた検査は、Higher Institute of Healthによっても確認されており、現在までに合計193人の患者を評価している。これらのうち、165人が陰性であり、退院した。これらの中には、ニコロもあります。スパランツァーニの臨床および科学コミュニティと病院管理者は、少年に彼にすべての幸福を望みました」とローマ研究所の医師は言いました。 (写真の後に読み続ける)

28人の患者がまだ入院しています。夫と息子、そして「特にベルガモ県のロンバルディアに滞在した」フィウミチーノ出身の38歳は、「軽度の症状があります」。一方、「ラツィオ地域タスクフォースはフィウミチーノの女性の接触を調査している」と、フランチェスコ・ヴァイアのローマ感染症研究所の保健所長は述べた。ベネトでは、今朝陽性の症例が191人に増加し、同地域の調査結果によると、昨日よりも40人多い。 (写真の後に読み続ける)

これらのうち、109人は無症候性の患者、35人は現在入院中、11人は集中治療室にいます。 6人は病院から退院し、独房に収容されています。 「カンパニア州にはコロナウイルスの陽性例が13例ありますが、そのすべてがイスティトゥート・スペリオーレ・ディ・サニタによって確認されているわけではありません」。更新された数値は、Facebookの記者会見で、地域の大統領であるVincenzo de Lucaによって提供されます。配布に関しては、「ナポリに9件、カゼルタに2件、サレルノに1件、ベネベントに1件ある」と説明した。 (写真の後に読み続ける)

{loadposition intext}

ベルガモの観光客の状態は変わらず、コロナウイルス陽性であり、シチリア島パレルモのセルベロ病院の感染症病棟に入院しました。医療従事者が通常の医療速報で説明している66歳の女性は、全身状態が良好です。

AdnKronosによるカフェインニュース

www.adnkronos.com

コロナ。 NiccolòはSpallanzani病院から退院しました

コロナウイルスの記事、ラツィオの他の2つの陽性症例。カンパニアの13人は Caffeina Magazineから来ています。

(出典)

Facebookへのコメント