コロナウイルス、バチカン市国の黄色:「ポープフランシスは綿棒検査を受け、陰性」

教皇のためにバチカンを恐れる。 「風邪に見舞われた教皇フランシスコは予防策としてタンポンを受けていたでしょうが、否定的な結果です。 「それはほんのわずかな気分です」」。これは、新聞「Il Messaggero」によって書かれました。それは、バチカンが「観光客の密集した群衆によって荒々しく空っぽで孤児になっている」と述べています。 「1日がサンピエトロ広場の北風とアヴェンティーンの行列で過ごした後、水曜日の夜にフランシスコ教皇がサンタマルタに戻ったとき、彼は冷房の古典的な症状を経験し始めました。 -あなたは新聞を読みます-いくつかの発熱線を咳しますが、のど、悪寒。

彼の医師はすぐに介入して事件を調べました。もちろん彼はコロナウイルスであるかどうかを確かめるために拭かれましたが、幸いなことに結果は否定的でした。そのため教皇は活動を続け、サンタマルタでの朝の集会のみを残しました。しかし、彼はまた、7日間、キュリア全体が霊的な隠れ家にある神聖なマスターの家で、アリッチャで週をあきらめなければなりませんでした。 (写真の後に読み続ける)

一方、Raiはローマで、コロナウイルス陽性の症例が会社の従業員の間で発見されたことも発表しました。従業員は黄色のゾーンにいなかったため、過去10日間に会社の施設にアクセスできませんでした。従業員は最初の綿棒で陽性であり、現在スパランツァーニ病院に良好な状態で入院しています。 (写真の後に読み続ける)

当社は、従業員を流行から守るために、何日も一定の安全対策に取り組んできました。対策はこれらの時間でさらに強化され、Raiは新しい条項を発行して、赤または黄色のエリアの近くにいる、または見つけた人々の注意レベルをさらに上げました。昨日の午後には1835件の陽性症例があり、前日よりも258件多い。「イタリアの感染症の減速について話すには早すぎます。 (写真の後に読み続ける)

{loadposition intext}
状況を注意深く監視し、「新しいコロナウイルスを抑制するために講じた対策を維持する必要がある」ことを繰り返し、他のアウトブレイクにまで拡大するかどうかを評価する必要があります。高等衛生研究所感染症局長のジョバンニ・レッザは、Adnkronos Saluteに語った。 「実際、ベルガモ地域とペザロ県の一部の自治体が懸念している」と専門家は付け加えた。

また興味があるかもしれません: コロナウイルス、医者Ivo Cilesiは死んだ:彼は綿棒のために陽性をテストしました

バチカン市国の黄色い記事コロナウイルス:「ポープ・フランシスは綿棒検査を受けた、陰性」カフェイナ・マガジンから来た

(出典)

Facebookへのコメント