コロナウイルス、イタリアのブラックデー:過去24時間の伝染の飛躍

コロナウイルス感染症はイタリアで増加し続けています。国民保護のウェブサイトで利用できる保健省の速報で報告されているように、過去24時間で1,616の新しい症例がありました(昨日は1,597でした)。被害者と治癒者を含む感染者の総数は284,796人です。

今日でも、10人の死者が記録され、パンデミックの発生以来、合計で35,597人の犠牲者が出ています。治癒と退院は昨日よりも合計で212,432人、547人多い。集中治療患者は増加しており、175人、昨日より11人多い。緊急事態が始まって以来、過去24時間で5万472人の212,432人が治癒した。 (写真の後に続きを読む)

今日イタリアでは、98,880本の綿棒が製造され、前日の94,186本の綿棒と一致しています。緊急事態が始まって以来、9,554,389件のテストが実施され、そのうち1,775,670件はロンバルディア州のみで実施されました。 (写真の後に続きを読む)

ロンバルディア(+257)、ベネト(+173)、エミリアロマーニャ(+152)で最大の増加が記録されていますが、新しいケースがゼロの地域はありません。ラツィオ、トスカーナ、シチリアの100件以上の新しいケースも。しかし、ラツィオでは、テストが増加し、ケースが減少しています。 「ラツィオ州の今日のほぼ12,000の綿棒のうち、148件」のCovidが記録されており、そのうち98件がローマにあり、1人が死亡しています。綿棒は増加し、症例は減少する。 (写真の後に続きを読む)

{loadposition intext}

これは、ラツィオ州の健康評議会、アレッシオダマトによって述べられました。詳細には、「ASLローマ1では過去24時間に34件のケースがあり、そのうち26件は帰国のケースであり、22件はサルデーニャから、2件はトスカーナから、1件はスペインから、1件はアブルッツォからのリンクです。ケースには、既知の孤立したケースとよく知られたリンクがあります。

市場から撤退した食品「リステリアの存在」。ブランドとバッチ

コロナウイルス、イタリアのブラックデイ:過去24時間の感染症の飛躍的な 増加は、 Caffeina Magazineからの記事です。

(出典)